京都大学競馬研究会 kyoto-univ keiba institute category0 未分類

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

--/--/-- スポンサー広告  

第62回有馬記念

どうも。M2のしぶたにです。
ついこの間チャンピオンズカップの的外れな予想を書いたところですが、
懲りずに予想をしていきたいと思います~

今回は有馬記念。
キタサンブラックの引退レースということで大きな注目を浴びるレースです!
キタサンブラックを買う人も切る人も、素晴らしい有馬記念になるといいですね…

さて、本命ですが

ヤマカツエース

でいこうと思います。
この秋はずっとこの馬を狙っていましたが、ようやくまともな条件で出てきたなということで満を持しての◎です。
枠順抽選会では池添と同じ気持ちでした。勝負づよーい!

以下自分のツイートから引用です。
「天皇賞秋◎候補ヤマカツエース
以前はドスロー、高速馬場、低レベル戦に強い典型的なキンカメという感じだったが、
4走前メンバーレベルの高いG1で好走すると3走前消耗戦、2走前これまで0-0-0-4だった阪神、
前走早仕掛けのロンスパといずれも不得意条件で好走。明らかに本格化しているがバレてない。」

とのこと。あいにく天皇賞秋は不良馬場で残念な結果となりました。
が、怪我の功名でまだ本格化がばれていないわけです。これは狙うしかない。

この馬を狙うということは有馬記念はスロー想定(願望)です。
願望ではありますが、一応根拠はあります。

有馬記念がスローになる根拠。
①キタサンブラックが内枠を引いたこと
キタサンブラックといえば逃げ馬のイメージがありますが、実は逃げたレースでは6戦2勝。
意外と勝てていません(逃げてGⅠ2勝は十分すごいが)。
今回も1着を狙うのであれば1頭行かせてイン2を取りたいはず。
そうなると逃げるのはトーセンビクトリー田辺あたりでしょうか。まぁスローでしょう。
この場合キタサンブラックの直後を付けることができるヤマカツエースは詰まる心配がなく、
枠のアドバンテージを最大限得ることができます。

②武豊Jの意識する相手がハーツクライ2頭であること
武豊Jといえば相手を意識して騎乗することに定評があります。
前走ジャパンカップはキングカメハメハ産駒のレイデオロが目下のライバルでした。
これまでスローしか経験したことがなく、血統的にもハイペース適性には疑問の残るレイデオロ。
そこで武豊の選択したHP消耗戦はハーツクライ産駒の餌食となり、キタサンブラックは敗れたのでした。
今回はどうでしょう。
人気を占めるスワーヴリチャード、前走敗れたシュヴァルグランはハーツクライ産駒であり、消耗戦に滅法強い馬です。
となると武豊Jはスローに落としたいはず…。

③キタサンブラックの衰え
前走、差されるはずのないレイデオロに差されたキタサンブラック。落鉄との発表もありましたが実際のところどうなのでしょう。
もし能力的な衰えを武豊Jが感じたのであれば、今までほど強気なラップは刻めないのではないか…。

はい。そんな感じで。

対抗以下は適当に見ていきたいと思います。
〇12.サトノクラウン
前走は全く競馬になっておらず消耗度の少ないこの馬。
堀先生のP追いも不気味でクリスマス休暇中のムーアを呼んでくるあたり本気っぽい(適当)。

▲13.ミッキークイーン
前走はノーチャンな位置から唯一飛び込んできた。そもそも京都では軽すぎるし東京だと左回りがあんまり。なのかな…。
よくわかりませんがG1だと適条件がない馬。阪神外2400のG1で買いたい。
小柄なわりにパワー型なので中山はわりとイケるはず。

△7.シャケトラ
後遺症がなんたらで右回りしか走れないらしい(ほんまかいな)。
先行で唯一残した宝塚記念を評価。マイナス体重で出てこられるなら。

△8.レインボーライン
まぁ展開向くとは思ってないんですけど一応。買うならサトノクラウンとのセットかなぁ。

キタサンブラックは調教うんたらっていう話があるのであんまり買いたくない。
少なくともいわゆる一流馬のメイチ仕上げってやつではないでしょう。
有馬勝ったところで種牡馬価値には影響ないだろうし12/16を占めるノーザン社台も忖度はしてくれないでしょう。

これで全頭紹介しましたかね。
以下メンバーの印です。

2017ありま


よいお年を!
スポンサーサイト

 

2017/12/23 未分類 C0 T0  

第69回朝日杯FS

こんにちは。4回生の真鍋です。

今阪神開催では「G1馬たちのデビュー戦」というイベントが開催されていて、そこでは復刻版のレーシングプログラムが参加賞として貰えるのですが、昔のレープロって結果が書き込めるようになっていたんですね。いろいろ今と違うところがあって新鮮でした。

明日は二歳王者を決める朝日杯2歳Sが行われます。今年からホープフルSがG1に昇格しましたが、そんなことを感じさせないような好素材がたくさん出走を予定するようですね。いいことだ。
予想していきたいと思います。

◎ダノンプレミアム
サウジアラビアロイヤルカップでのパフォーマンスは圧巻でしたね、レース後は強いな…とただ思っていたような気がします。中内田調教師は月曜日が誕生日だそうなので、ここでG1初勝利を決めて自身に誕生日プレゼントを贈りたいところでしょう。ただ、まだ33秒台の上りは使ったことがないので切れ負けする可能性はあるかもしれません。

○ダノンスマッシュ
こちらもダノックスの持ち馬。これも前走もみじSが優秀で加速ラップで3番手から抜け出すというものでした。ダノンの主役逆転を虎視眈々狙っているのではないでしょうか。

▲ステルヴィオ
この馬もサウジアラビアのレースは強かった。前走はかなり後ろからの競馬となってしまったのも大きかったので今回ある程度巻き返してくると思われます。ちなみに、ダノンスマッシュにも言えることですが、土曜の芝はロードカナロア(父キンカメ)とキンカメしか勝っていないらしいのでロードカナロア馬場かもしれないですね。

この3頭が強いと思います。あとは、タワーオブロンドンとかフロンティア、ケイアイノーテックあたりですかね。いずれにしろあまり手広くしたくはないです。


あさひはい2017

「学生だけどボーナスが欲しい」(競馬研メンバー談)ので、朝日杯でボーナスを得て有馬記念でボーナスを倍プッシュ!!

 

2017/12/17 未分類 C0 T0  

第18回チャンピオンズカップ

どうも~M2の渋谷です。
個人的には帯を取るというのが今年の目標だったんですけど、だんだんとチャンスも少なくなってきました。
中山中京は配当がつくのでここらで一発かましたいところです。

さて、そんなチャンピオンズカップ。
ご存知のように内枠有利、ヴァイスリージェント系有利と。

まぁそういうのがあるんですけど
個人的には「内から差せる」馬が1着になれるのかな、と見てます。

そこで注目したいのがプロキオンSです。
このレース、カフジテイクとキングズガードの2頭は意図的に内に入れているように感じられます。
つまり、チャンピオンズカップを制するために敢えて馬群を経験させたのではないかと。そう思うわけです。
またキングズガードについてはこれまで左回りでは良績がありませんでしたが、
ギリギリまで馬群で我慢させたこのレース(詰まっていただけ)では非常に鋭い決め手を発揮しています。

カフジテイクについても色々書きたいことはあるんですけど、条件的にも申し分ないので勝てると思います。
去年より馬場軽いし。

今回はその2頭を評価して◎カフジテイク〇キングズガードでいこうと思います。
プロキオンSでの経験が活きてくるレースになればいいですね。

以下、印と短評です。

▲サウンドトゥルー:昨年勝ち切ったように、コース適性は非常に高い。若干パフォーマンスを落としてきてる感あり▲。
△アウォーディー:近走の右回りを全部度外視すれば昨年のCCは非常に優秀。
△ノンコノユメ:今の摩擦の少ない馬場にフィットしている。後方が縦長になってくれれば。
☆モルトベーネ:軽い馬場がよく、東海Sで馬群を捌いてきたのは印象的。全部上手くいけば。
消コパノリッキー:出遅れるので
消ケイティブレイブ:気性難 揉まれておしまい 知らんけど
消テイエムジンソク:弱い


こんな所でしょうか。
◎→〇→印が1000倍以上つくのでこれらを各1000円程度買って帯を取ろうと思います~では~
チャンピオンズ2017

 

2017/12/02 未分類 C0 T0  

第156回天皇賞

あれ?誰も書いてないじゃないか…

おはようございます。池田です。

簡単にはなりますが、本日開催の天皇賞・秋を予想していきます。先週はなーんにも分かっていませんでしたが、今週も難しい…

みてみると思ってたより前に行きたい馬が多くて、案外淀みなくなるんじゃないか?というのが予想の起点。

◎ ステファノス
前走オールカマーは鉄砲で2着ってほんとに藤原厩舎か?なんか怪しいぞ?と少し思いつつ、まあ毎日王冠に好メンバーが固まっただけだろうということで、叩き良化型の典型であるこの馬を本命に据えました。戸崎だけど。
大阪杯では川田騎手の完璧な騎乗でもなおキタサンには勝てませんでしたが、今回はキタサンに少しだけ不安要素があるわけですから、もう一度狙ってみます。今回は戸崎だけど。

○ キタサンブラック
強いけれど前走がアレだと何が起こっているか分からないというのと、ペースが流れれば(例えば去年のジャパンカップのような)楽な競馬とは行かないのでは?という。天皇賞・春はステイヤー気質の差で周りぜんぶ潰れたからあんな恐ろしい逃げが決まったようにも思えますし…
などごちゃごちゃ書きましたが何が言いたいかというと本命にしたくないだけ。

▲ ネオリアリズム
距離○実績○枠○。他の馬よりは重馬場適性もありそう。
少頭数ぎみのレース実績が目立つのはやや不安要素ですが、この人気(当日9:46現在で単勝7番人気16.8倍)なら、今まで散々切り続けた(そして外し続けた)ぼくも手が出てしまいます。

△ サトノクラウン、ヤマカツエース、レインボーライン

もともとはシャケトラとか買うつもりだったんですが、さすがに距離不足ぎみと大外で割引。
サトノクラウンは何か2000m実績なさ過ぎて…馬場が重くなりそうなので印は打ちましたが、東京が得意だともあまり思えません。
ヤマカツエースは重馬場適性怪しいし東京は実績だけみるとクラウン以上にダメみたいですが、さすがに過去とは馬が違うのと内枠重視を前面に出して△。
レインボーラインは前走案外頑張ったんじゃないか?一矢報いることができても個人的には不思議ではないです。これは余談ですが、去年一昨年と天皇賞・秋は8番の馬が連勝しています。



正直ぜんぜん分かりません。とりあえずセオリー通り内枠重視をしてみましたが、緑枠までだったらマカヒキとシャケトラにある程度重い印を打とうと思っていたんですよね。

先に担当者に予想を送ってしまうのでその予想にしたがって書くしかないところがあるのですが、今の気持ちは「ヤマカツエース要らんかったかな…」といったところ。

こんな感じで当たるレースには到底思えませんが、ぼくは今日も夢を買います。



印の集中している馬が多い…のですが、本命対抗がかなりバラバラ。考えていることは人によってかなり違うのでしょう。
あと、マカヒキの購入を決断しました。
 

2017/10/29 未分類 C1 T0  

第78回菊花賞

こんにちは、兵庫で泊まり込みバイト中の4回池田です。

ついに3歳クラシック最終戦・菊花賞です。ということは、我々の中で恒例となりつつある一大イベント、「淀まで歩く会」が盛大に執り行われる…と思っていたのですが予報は降水確率100%ということで、さすがにアルゼンチン共和国杯あたりまで順延でしょう。

さて本題。

今の所ペースはそれほど流れないという想定で、差し馬のみでの決着はないと考えています。

◎ ダンビュライト
推し要素は大きく2つ、
① 重馬場適性 ② 武豊J
となります。
菊花賞に関しては、本当にマイルまでしかダメだと思われる馬でなければ距離の壁は敢えて気にしないことにしています。分かりきった話で恐縮なのですが、菊花賞は結局中間が緩む傾向がかなり強い点をかなり重視してのことですね。
まず重馬場適性ですが、(新馬戦とはいえ)不良馬場実績はありますし、近親マリアライトをはじめタフな家系。
さすがに枠が外すぎるというマイナスポイントはありますが、去年適性なしのエアスピネルを7枠から3着にまで持ってきた京都の名手なら何とかしてくれるのでは?ということで本命。

○ アルアイン
基本先行馬重視で考えているので、その中で強そうな馬を持ってきた次第。あと、先週のディアドラ×ルメールはすごかった(小並感)。外枠ですが、それなりに器用なのでたとえ好位でなくても競馬はできそう(もう一度ディアドラばりの手綱捌きをしてもらうって内に入ってもらうというのが僕の中では本線ですが)
馬場への適性については相対的に不利にはならない程度だと考えています(シンザン記念はハイペースの影響が大きいように感じています)。

▲ ポポカテペトル
気づいたら外枠ばかりで自分で書いていて不安になってくるのですが、ポポカテペトルと△マイネルヴンシュを比べた時に前走の内容は前者が上かなあ(上なのかは怪しいが)というただ1点でこちらを上位に。コンセプトはしつこく前目の馬。もう一頭前目で買いたかった△ウインガナドルはさすがに過剰人気ぎみで手が出しづらくなってしまいました…いわゆるステゴ配合で不良馬場も血統で考えると全然余裕そう、内枠からすんなりハナを切れそうetc...と買い要素はたくさんあるんだけれど、4番人気…
もしかしたらそんなものか?という気もしてきているのですが、これについてはもうしばらく考えてみたいと思います。

あとは人気ですが△キセキ(つよいから)。





オッズを見る限りかなりの混戦で、なおかつ不良馬場とまあまあ混沌としていますが、なんだかんだ言って楽しみな菊花賞。先週藤森ステークスでかなり大きい魚を取り逃がしたので何とか当てて気持ちをリセットしたいものです。最後に会員の予想は以下の通りになります。



ベストなアプローチはできなかったようだ…
 

2017/10/21 未分類 C0 T0  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。