京都大学競馬研究会 kyoto-univ keiba institute category0 未分類

第68回 安田記念

初めまして。一回生の清水です。鳴尾記念を見に阪神競馬場に行ったらターフィーくんがいたので写真を撮ってもらいました。

さて、安田記念ですが、今年は予想のしがいのある面子が揃っていて、二週間前に登録馬が発表されてからずっと(ダービーより)安田記念のほうを楽しみにしていました。本当はエアスピネルにも出て欲しかったんですけどね。ダービーのCM風に、「今年の安田記念去年の馬が一頭しか出てないんだけど」って言いたい。

では、予想に入っていきたいと思います。



◎ リアルスティール
この馬は特に左回りの中距離が得意で、モーリスの2着になった天皇賞(秋)なんかはとても強かったと思う。2400mになるとダービー4着、ジャパンC5着と着順を落としており、距離短縮は良い方に出るだろう。2年前の安田記念はまともに競馬をできておらず、参考外。去年の天皇賞(秋)からドバイターフの1戦しか使っていないゆったりとしたローテーションも加点材料。本命を打つならこの馬だろう。

○ モズアスコット
マイラーズCから直行していればおそらく切っていた馬。矢作厩舎の連闘、消化不良の前走、G1で度々穴をあけるルメールと、不気味な存在である。一戦叩いたことでかえって良くなったのではないかと考えて、(他に対抗にしたい馬がいないので)上位評価。ちなみに、1989年の平成最初の安田記念を制したバンブーメモリーも連闘である。

▲ レッドファルクス
これは純粋に、去年の京王杯SCと安田記念の内容が良かったので評価した。この馬自身左回りのほうが走りやすいし、ここ2戦の内容を見ても1600mのほうがいいのではないかと思う。京王杯SCを使って欲しかった点だけは不満だが、この舞台なら十分勝負になるだろう。

△ サトノアレス
前走の京王杯SCで32.7の上りを出していたのは評価できる。去年のサトノアラジンのように、京王杯SCで上位の上りを出していた馬が好走するケースが多いので、この馬は安田記念に対する適性を持っていると考えられる。問題なのは、このメンバー相手だと実力不足な面があることだが、展開が向けば一発あるのではないか。

△ スワーヴリチャード
あまり買いたくはない馬だが、上位人気馬の中では一番ましだったので印を回した。大阪杯はグレード上はG1になったものの、レースレベルはG2時代と変わらない。しかし、左回りの金鯱賞の内容、ダービー2着の実績などを考えると何とかなりそう。距離に関してはそれほど不安視はしていないが、枠順はどうかと思う。

消 サングレーザー
前走のマイラーズCでは本命にしていたものの、この馬はどちらかというと京都向きで、府中の直線では伸びきれないのではないか。前走の反動、大外枠と不安材料が多いので切りたい。馬券内に来るとしても3着までと予想する。

消 ペルシアンナイト
前走の大阪杯から出来落ちしているだろうし、府中マイルで買いたい要素もないので消し。マイルCSと安田記念は結び付きにくく、あまり評価できるものではない。

あとは、アエロリットとリスグラシューは、牡馬一線級を相手にすると見劣りするので、この人気では切りたい。もう少し人気が落ちるのであれば拾ってもよかったのだが。
安田2018
メンバーの印は上の通り。


スポンサーサイト

 

2018/06/02 未分類 C0 T0  

第85回日本ダービー

どうも、先輩に借りたお金を返すべきかどうかで悩んでる4回の中島です!さて、明日は競馬ファンにとって年に1度のお祭り、ダービーとあって僕のささいな悩みなんてふっとんじゃいそう。テンションが高くなっても予想はクールに、ということで予想いきますよ。

◎ブラストワンピース
ダービーはお祭りであり、僕の地元神戸で5月に行われるお祭りといえば「だんじり」というわけでダンジリの孫のこの馬を本命に!(大嘘
前々走のゆりかもめ賞は内から一頭違う競馬で圧巻。前走の毎日杯は好意につけて内から抜け出して早め先頭からギベオンを寄せつけずに楽勝とソツのない競馬を見せてくれた。ハービンジャーなのにキレるし器用だなという印象で今回もらった内目の枠を生かせそう。完全別路線なので力関係はわかりにくいが走りの内容からは十分やれる。不安は体重がプラス19らしいことだが、天栄がダービー目標ローテのこの馬の調整をミスるとは考えにくいし、前走は輸送減りらしいので成長分と考えたい。調教師にはこの際目をつぶろう。

◯ゴーフォザサミット
前走の青葉賞は好位で競馬ができていて、抜け出してから最後まで止まることなく伸びきっていた。去年のアドミラブルと比べると見劣りするがそれを除けば近年の青葉賞の中では時計的にも内容的にもハイレベルにある。共同通信杯、スプリングとゆるゆるでようやく青葉賞で仕上がってきたなという雰囲気だった。それを考えると間隔詰まってはいるもののまだ上積みがあっても驚けない。東京2400の適性はメンバー中トップだと思うし、1発はある。

▲ダノンプレミアム
この馬の強さについては改めて述べるまでもないだろう。ただダービーが内枠有利とは言え、先行各馬が外枠に集まる中で最内は少し動きにくいポジションになりそう。また時計の出し方が完全に急仕上げでまだ本当に仕上がってはない。間隔があいての延長で引っかかる可能性もありと不安要素はけっこうあるのに断然の1番人気だろうし積極的には買いたくない。とはいえこれ以上印を下げられないのでここで。

△エポカドーロ
この馬の強さは皐月賞のブログで詳しく書いたがギアチェンジの上手さと操縦性の高さ。皐月賞はそういった良さが出てハマった印象だ。ただ勘違いしてはならないのが、皐月賞で1番強い競馬をしたのはエポカドーロだということ。後ろは差せない展開だったと言う人もいるが、後続勢はみなエポカドーロと同じぐらいの脚しか使えていなかったからね。もっとも、ここ3戦ほどの高いパフォーマンスは力のいる馬場での小回りのものであるから、戸崎が溜めすぎて高速馬場でキレ負けする未来が想像できてしまう。実際、新馬戦がそういう負けた方のように見えるし、成長して馬が変わってるとは思うけれど少し評価を下げた。

まあお祭りなんでみんな好きな馬買ってください笑

(ここから池田)
最後に他のメンバーの印を見てみましょう!

東京優駿85

ダノンプレミアムとブラストワンピースはほぼ全員が高評価。穴目だと7枠にメンバーの印が集まっております。
人気サイドではワグネリアンの評価が全体的に低い様子。1=6=8とかだとみんな当たってそうですね。当てて年2回しかない一大イベント・東京芝2500mで開催されるGⅡハンデ競争「第132回(ダービーより多い!)目黒記念」につなげていきたいですね。ちなみに僕の本命はパフォーマプロミス、次点でゼーヴィントとチェスナットコートという普通な予想なので, 普通に当たってほしいです。
 

2018/05/26 未分類 C0 T0  

NHKマイルカップ

こんにちは。社会人2年目のフジモトです。

諸々の事情でブログを書く人がいないということで、急遽たんとうすることになりました。

ブログを見返してみると、僕が最後に書いたのは2016年菊花賞以来なんですねー。

2016年菊花賞の記事→http://kyodaikeibaken.blog.fc2.com/blog-entry-125.html#e125

サトノダイヤモンドとディーマジェスティについて論じていますが、結局ディーマジェスティも一介のディープ牡馬らしく、GⅠ1勝に終わってしまいました。

能力自体は相当高かったと思うんですが、体質やら脚元の問題に悩まされていたんでしょうか。

その時に菊花賞を勝利したサトノダイヤモンドもかなりもがき苦しんでいるようですが、宝塚記念では復活の勝利となるのか、注目が集まりますね。


さて、NHKマイルカップの予想に移りたいんですが、その前に僕の過去の本命馬を見てみましょう。

2013 レッドアリオン(4着)
2014 ベルルミエール(12着)
2015 アルマワイオリ(9着)
2016 ティソーナ(17着)
2017 タイムトリップ(6着)



大丈夫かこれ。


出遅れたレッドアリオンはともかく、特にこの4年はかなり見当違いな予想をしていますね……。これはいけない。

まあ、過去は過去なので、今回当てればいいだけの話。

メンバーを見てみると一線級で戦ってきた馬が結構多くいて、人気が割れている割にはそこまで荒れる気配もなさそう。


ノリユキ教の信者なので思わず「◎ルーカス、血が違う」とか言って結論を急ぎがちになるんですが、一説によるとルーカスはまだ寝ながら走っているらしいので(?)、素質開花はまだ先ということで今回は見送りたいと思います。デルタバローズも然り。

ところでドバイWCデーの時にドバイレーシングの解説者が堀先生の紹介をするときに「~,The Legend.」とか「~,Amazing!」とか聞こえてきて、無意識に「I'm coming!」って言ってビクンビクンしてたのは僕だけですか。そうですか。

与太話はこれくらいにして、まず一番人気のタワーオブロンドンなんですが、さすがセントジェイムズパレスSへの遠征プランも視野に入っているだけあって、隙があまり見当たりませんね。

レースレベル的にも展開的にも恐らく持続ペースになりそうな今回の場合は前傾ラップを経験していることが非常に大きなポイントになってくると思うんですが、タワーオブロンドンはききょうSでそれをクリア。

そもそも上がり33秒台を求められるレースは不得手だと思っている(京王杯2歳Sで上がり33.2を出しているが、恐らく追い風のためそんなに評価できないし相手関係も楽だった)ので、まあ少なくとも前が開きさえすれば掲示板には載っているだろうというのが見解。

逆に現在2番人気のギベオンはそうした前傾ラップの手がかりを持っていないのが気がかり。追い込んでくるディープで圏内に入った馬は東京での連対経験を持っているというデータがあるのでそこは好材料ですが、多頭数を経験していないのもあまりいい材料ではありませんし、何というか、この人気自体がミルコと藤原厩舎で形成されている感じがしなくもないので、軽視するとしたらここかなと。

3番人気のテトラドラクマはクイーンCで「ほぼNHKマイルカップ」の質のレースを自分でペースづくりして勝ち切っていますし、4番人気のパクスアメリカーナは左回りが気になるものの、血統面(クロフネ産駒はインパルスヒーローをはじめ、クラリティスカイやアエロリットなど好走例が多い)、ラップ面ともに裏付けがしっかりしています。

1つ目線を下げて10倍台の馬に目を移してみますと、カツジ、プリモシーン、ケイアイノーテック、ミスターメロディの4頭がいます。

カツジは……この枠はどうするんでしょうか。後ろに下げて外に回すのは馬場を考えると明らかに自滅行為な気がするし、かといって2走前や3走前と違って先行するにはそれなりのテンのスピードが必要なので、結局のところリスクの多いイン差しをするしか道がなさそうなんですよね。

持続ペースになれば馬群はばらけるので松山Jにとって難易度自体は高くない気もしますが、そうなると前走外を回して勝利したのが逆に仇になると思うのでカツジは少し評価を落とします。

プリモシーンは前走出遅れからのイン詰まりという戸崎Jにありがちな不完全燃焼レースそのもの。俄然見直したいところでしたが今回も内枠。

また前傾ラップを経験していないということもあり、今回は若干置いていかれ気味になるのかなと。馬券になるにはVMのような若干後傾で上がりの性能が問われるようなレース質でないと厳しい気がします。

ケイアイノーテックは前傾ラップも経験していますし、大舞台で好走歴もあるので、10倍台の中では最も推せるのではないでしょうか。前走のNZTも唯一外枠で掲示板に載っていますし、カツジに負けたのもほとんど通った場所の差でしょう(馬場の良し悪し的な意味で)。2月から使い続けて4戦目なので上積みがあるかは若干疑問ですが、好調をキープできているなら確実に脚は使ってくるはず。

ミスターメロディは去年のリエノテソーロを思い浮かべている人が多いんですかね。ただ1600m未経験で恐らく先行するということであれば、最終的に息切れを起こしそうな気もしますが……。

馬券になるイメージ的にはジョーカプチーノの時のグランプリエンゼルとかレッドスパーダなんですが、グランプリエンゼルは1着から0.6差ありましたから、今年だと確実に何か挟まってるでしょうし、レッドスパーダは普通にスプリングS2着という距離適性の裏付けがあったので、この馬の重視は一か八か感があってあまり好きではないです。


というわけで振り返ってみると印が

タワーオブロンドン、テトラドラクマ、パクスアメリカーナ、ケイアイノーテック

の4頭しかいないということで、普通に考えればあと2頭くらいは言ってもいいと思うので

ダノンスマッシュとレッドヴェイロン

を推してみようかなと。

ダノンスマッシュは年が明けてからの2戦がふがいないせいかかなり人気を落としていますが、ファルコンSは位置取りが絶望的だったのと、アーリントンCは逆にポジションを意識しすぎて阪神1600mらしくない競馬をしてしまったのが敗因。アーリントンCも0.4差なのでそこまで差はありませんし、安田隆行厩舎なのでいずれ距離短縮していきそうな感じはしますが、少なくとも探勝70倍台の馬ではないだろうと。

レッドヴェイロンは血統面ですかね。兄は3頭出ていてクラレント3着、レッドアリオン4着、サトノルパン9着と推せるほどの材料はないんですが、レッドアリオンは出遅れ、サトノルパンは道中かかりからの前詰まりなので能力を出し切れば兄3頭とも圏内にはいた可能性が高いんですよね。

レッドヴェイロンは気性的にもまだ大人しいほうだと思いますし、キンカメであれば持続ペースでも対応できると思いますから、道中は死んだふりして無欲の一撃があってもおかしくありません。

穴も決めたところであとは上位4頭の順位付けですが、さすがにタワーオブロンドン◎は味がないので、テトラドラクマで行きたいと思います。

やはり東京1600mだと前傾も後傾も対応している点が素晴らしいですね。休み明けですが恐らく牧場でしっかり乗り込んできていると思いますし、そこまで不安はないです。また、あれだけ持続ペースがどうたら前傾ラップがどうたら言っておきながら、行きたい馬がカシアスくらいしかいないので、ペースメイキングが上手い田辺Jなら絶妙のラップ加減に抑えてくれる気がしてなりません。

というわけで印は以下の通りに。

◎テトラドラクマ
○パクスアメリカーナ
▲タワーオブロンドン
△ケイアイノーテック
☆ダノンスマッシュ、レッドヴェイロン



単系を買う前提でいけばまたこの中からどれを選ぶかは少し悩む必要がありますが、連系はこの印を軸に考えてみたいですね。

今回はメンバーの印はないので、これにて失礼します。ちなみに明日の堀先生所属馬ですが、ルーカス、デルタバローズ、サトノオンリーワンら3歳勢は寝ているので買いませんが、ハナレイムーンとストロングレヴィルは目が開いてそうなので買います。
 

2018/05/06 未分類 C0 T0  

第62回 大阪杯

おはようございます。
本日をもってM1となってしまいました、池田です。

今回は大阪杯の予想をしていきます。今週より競馬場にて新入生歓迎競馬観戦を行なっております。次回までは阪神競馬場ということで少々遠方にはなりますが、当サークルにご興味ご関心を持っていただいている方がいらっしゃいましたらお気軽にTwitterなどからご連絡ください!お待ちしております!

◎ ペルシアンナイト
15倍…?前走はラップ上は「ハイペースから差し切れず」でしたが、これ隊列と馬場の問題ですよね…?流石に外ぶん回すだけではダメでしょうが。
期待値は取れていると考えるし、距離はもつだろうし、一部騎手はドバイに行っているしで、競馬研全員印回してそう。

○ ミッキースワロー
戦歴を見るに直線は短い方がよさそうなので、内回りは○と考えます。セントライト記念とか色々考えたらアルアインに対してオッズも甘めな感じがします。最内はあまり面白くないですが、どうでしょう、チャンスはありそうに思います。

▲ スワーヴリチャード
多分現役最強クラス馬。有馬記念は僅差の4着(3着馬などに不利は与えましたが)ということで右回りも克服したのでは?確信がないので本命にはできませんが、めちゃんこ強いと個人的には思っているので重めの印を打っていきます。

他は前走凡走で60倍台まで人気を落としたゴールドアクターは是非買いたい…完全に終わってしまった感じはまあしなくはなかったですが、そもそもあの位置取りはノーチャンスだったでしょう。今回までは買える…(と永遠に言い続ける)
アルアインもコースはよさそうなイメージ。何も考えていないけれど、イメージ。
サトイモことサトノダイヤモンドは前走よりはいい状態みたいな話。池江厩舎は自信なさそうな時圧勝するからなあ…

さてメンバーの予想。

大阪杯62

また4着か…
 

2018/04/01 未分類 C0 T0  

第62回有馬記念

どうも。M2のしぶたにです。
ついこの間チャンピオンズカップの的外れな予想を書いたところですが、
懲りずに予想をしていきたいと思います~

今回は有馬記念。
キタサンブラックの引退レースということで大きな注目を浴びるレースです!
キタサンブラックを買う人も切る人も、素晴らしい有馬記念になるといいですね…

さて、本命ですが

ヤマカツエース

でいこうと思います。
この秋はずっとこの馬を狙っていましたが、ようやくまともな条件で出てきたなということで満を持しての◎です。
枠順抽選会では池添と同じ気持ちでした。勝負づよーい!

以下自分のツイートから引用です。
「天皇賞秋◎候補ヤマカツエース
以前はドスロー、高速馬場、低レベル戦に強い典型的なキンカメという感じだったが、
4走前メンバーレベルの高いG1で好走すると3走前消耗戦、2走前これまで0-0-0-4だった阪神、
前走早仕掛けのロンスパといずれも不得意条件で好走。明らかに本格化しているがバレてない。」

とのこと。あいにく天皇賞秋は不良馬場で残念な結果となりました。
が、怪我の功名でまだ本格化がばれていないわけです。これは狙うしかない。

この馬を狙うということは有馬記念はスロー想定(願望)です。
願望ではありますが、一応根拠はあります。

有馬記念がスローになる根拠。
①キタサンブラックが内枠を引いたこと
キタサンブラックといえば逃げ馬のイメージがありますが、実は逃げたレースでは6戦2勝。
意外と勝てていません(逃げてGⅠ2勝は十分すごいが)。
今回も1着を狙うのであれば1頭行かせてイン2を取りたいはず。
そうなると逃げるのはトーセンビクトリー田辺あたりでしょうか。まぁスローでしょう。
この場合キタサンブラックの直後を付けることができるヤマカツエースは詰まる心配がなく、
枠のアドバンテージを最大限得ることができます。

②武豊Jの意識する相手がハーツクライ2頭であること
武豊Jといえば相手を意識して騎乗することに定評があります。
前走ジャパンカップはキングカメハメハ産駒のレイデオロが目下のライバルでした。
これまでスローしか経験したことがなく、血統的にもハイペース適性には疑問の残るレイデオロ。
そこで武豊の選択したHP消耗戦はハーツクライ産駒の餌食となり、キタサンブラックは敗れたのでした。
今回はどうでしょう。
人気を占めるスワーヴリチャード、前走敗れたシュヴァルグランはハーツクライ産駒であり、消耗戦に滅法強い馬です。
となると武豊Jはスローに落としたいはず…。

③キタサンブラックの衰え
前走、差されるはずのないレイデオロに差されたキタサンブラック。落鉄との発表もありましたが実際のところどうなのでしょう。
もし能力的な衰えを武豊Jが感じたのであれば、今までほど強気なラップは刻めないのではないか…。

はい。そんな感じで。

対抗以下は適当に見ていきたいと思います。
〇12.サトノクラウン
前走は全く競馬になっておらず消耗度の少ないこの馬。
堀先生のP追いも不気味でクリスマス休暇中のムーアを呼んでくるあたり本気っぽい(適当)。

▲13.ミッキークイーン
前走はノーチャンな位置から唯一飛び込んできた。そもそも京都では軽すぎるし東京だと左回りがあんまり。なのかな…。
よくわかりませんがG1だと適条件がない馬。阪神外2400のG1で買いたい。
小柄なわりにパワー型なので中山はわりとイケるはず。

△7.シャケトラ
後遺症がなんたらで右回りしか走れないらしい(ほんまかいな)。
先行で唯一残した宝塚記念を評価。マイナス体重で出てこられるなら。

△8.レインボーライン
まぁ展開向くとは思ってないんですけど一応。買うならサトノクラウンとのセットかなぁ。

キタサンブラックは調教うんたらっていう話があるのであんまり買いたくない。
少なくともいわゆる一流馬のメイチ仕上げってやつではないでしょう。
有馬勝ったところで種牡馬価値には影響ないだろうし12/16を占めるノーザン社台も忖度はしてくれないでしょう。

これで全頭紹介しましたかね。
以下メンバーの印です。

2017ありま


よいお年を!
 

2017/12/23 未分類 C0 T0