京都大学競馬研究会 kyoto-univ keiba institute 2012-11-の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

--/--/-- スポンサー広告  

マイルCS

久しぶりに◎が馬券に絡みました!

単勝1.9倍の馬が2着で・・・

しかも前回の一番下(ネタ枠?)に書いたレインボーダリアが1着で本当にヨシトミシネーな状態に(笑)


まあ◎の連敗もストップしたことなので
気持ちを切り替えてこれから頑張って行きましょう。

というわけで今回ぐらいはちょっぴり攻めた◎でもいいよね?
バランスを考えて(?)○▲は人気どころで・・・


◎コスモセンサー


金曜発売終了時点で単勝69.3倍!

まあさすがに最後までこのままなんてことはないでしょうが
前哨戦の着順を考えれば、競馬研「らしさ」が戻ってきましたね。
ですが前走の富士Sは締まったペースの逃げという実績の出ていない形で失速。
自分の競馬が出来ていません。

3走前の安田記念は速い流れの中、強気の競馬で0.3秒差の3着とメンバー中屈指の実力。
今回はメンバー、枠的に恐らく番手が濃厚。叩き3走目、淀みないペースからの粘り込みに期待したいです。


○グランプリボス
このへんはおそらく人気どころなんで、見たくない方は下スクロールで(笑)

安田記念は中団から力強く伸びてクビ差の2着。前走はスローの中1頭だけ伸びて差し切り勝ちと目下絶好調の本馬。
毎日王冠でシルポートについて行ってのあの粘りを見れば京都1600mもこなせるはず。十分勝ち負け出来るでしょう

▲ファイナルフォーム

前走は太め残りだった印象の中2着。
叩き2走目でかつ鞍上はルメール騎手の乗り替わり、と来たら買わない手はないような気がします。


△レオアクティブ

前走のスワンSで9着の大敗もコース、距離、展開全て不向きで気にする必要ナシ。
京都1600にコースが替わりタイトなペースとくれば巻き返しがありそう。

△リアルインパクト

安田記念は早めにシルポートを捕まえに行って荒れ気味の内目を通って6着。この馬も力はある。
前回の輸送を踏まえて今回は輸送に工夫を凝らすようで、パドックでの気配などには注目したいですね!

△ストロングリターン

安田記念、直線でグランプリボスを競り落としてのコースレコードは圧巻でした。
直線では必ず脚を使う馬で、シルポートとの相性は抜群。
休み明けを叩いたことで状態は上向き。

注ガルボ

安田記念は直線で1度進路をなくしても5着に食い込んだのは力の証明。
前走はラップの上がったところでポジションを上げ、下がったところで控えるチグハグな競馬。
京都替わり、この気温、枠も歓迎で後は馬場のコンディション次第といったことろでしょうか



日曜日は関東から「うまカレ」というインカレサークルの人たちと共に観戦します。
そこで催される予想大会、去年は関西が3位までを独占しましたが
正直かなりまぐれっぽかったです(笑)さてさて今年は果たして・・・



スポンサーサイト

 

2012/11/17 予想 C0 T0  

エリザベス女王杯

ヒロシです・・・
◎が一切馬券に絡みません・・・

ヒロシです・・・
でも○以下はかなりの信頼感です・・・


このサークルの◎がヒドい

現在6連敗中・・・。(馬券圏外5回継続中)

先週のギュスターヴクライなんか力強く坂を駆け上がっていたのに
まるで京大競馬研の呪いに取り憑かれたかのようにそこで故障を発生し伸びあぐねる始末・・・

この馬が競走能力を喪失し引退に追い込まれたのが僕らのせいのような気すらしてきました。


これ以上無様な姿を閲覧して頂いている方々に晒してはいけない!

今週こそは連敗ストップ!
いや、負けてもいいからせめて馬券には絡めよう!
その部員の思いの結晶がこちら!


◎ヴィルシーナ



・・・まあそうなりますよね

ジェンティルドンナがいなければ三冠ですもんね。
というかこの状況でジェンティル以外の牝馬には先着を許していない馬を
○以下になんて出来ません・・・

とまあここまでヒヨった予想になった言い訳をつらつらと書いてきたわけですが、
京都2200mは外回りコースのくせにやけに伸びない馬がいいコース。

ワンパンチ足らない印象のこの馬だがさすがに馬券圏外は有り得ない!?

○スマートシルエット
先行して33秒台の末脚が使えるという点が魅力
直線長いほうが成績安定
1頭強敵がいるが、どこまで挑めるか

▲フミノイマージン
前走牡牝混合重賞組の実績がいいこのレース。
ここ2走はこのレースを意識した乗り方をしていて
明らかにここを取りに来ている印象

△オールザットジャズ
いつもの終い重点の追い切りから
今回は馬也ながらラスト1F以外すべてで自己ベストをマーク
前目につけて2戦2勝の鞍上に乗り替わりで一変か

△マイネイサベル
前走は中団から上がり33.0の末脚で勝利
スタミナ比べになると分が悪いかもだがスローの末脚勝負で浮上




「ロングスパート合戦で浮上かも知れんがヨシトミ先生の不思議な力で結局4着やろ」
という結論になったレインボーダリア
果たしてヨシトミシネーなことになってしまうのでしょうか、乞うご期待!



 

2012/11/10 予想 C0 T0  

アルゼンチン共和国杯

今週はアルゼンチン共和国杯が行われます

その舞台である東京芝2500mというコースは2400mから100m延びただけでかなり変わります

道中あまり弛むことなく進み直線では2400mよりも上がりが掛かるタフな流れとなり直線バテずに走りきる持続力と底力が必要となりハイレベルなレースになります

実際、過去の上位馬達を見てみるとトーセンジョーダン、ジャガーメイル、スクリーンヒーロー、アーネストリー、アドマイヤジュピタなどここで好走した馬達はその後G1で活躍しています

今年も出世レースとなるのでしょうか…?

◎ギュスターヴクライ

この馬の過去のレースを見ていると切れで勝負というよりタフな流れでこその馬だと思っているのでこの舞台はピッタリ

近走では天春以外馬券内という安定している点も魅力的

○マイネルマーク

個人的にはこの馬に一番期待している

前走は1,2F目を除くと最も遅いラップが12.3で
最も速いラップが11.9と1000万クラスの東京芝2400では珍しい一貫ラップとなっていて
今回求められる能力が必要な展開となっており斤量、人気的にも狙いたい

▲ルルーシュ

このレースは比較的前有利で逃げ馬不在でより前有利になりそうで

この馬は前目にいてどんな展開でも差してくるので頭まであるかも

△ムスカテール

3勝全て2200m以上でこの距離でも期待できる

G2では微妙な気がしますが
前目にいて長くいい脚を使えるのが魅力的
2,3着なら十分あり得る

△トウカイパラダイス

目黒記念2着馬でこのコースの実績も十分

1着のイメージが湧かないが前有利な展開になると読んでいるのでしぶとく粘って残りそう

☆メーヴェ

1400から2600まで好走していて脚質は異なるがルルーシュと被るイメージがある

ルルーシュを狙うなら似たような馬も押さえておきたい 斤量も52で一発あるか…?


以上です。

オウケンブルースリは届かないと予想しましたが、
お金に余裕があるのなら押さえてもいいかもしれません笑



 

2012/11/03 予想 C0 T0  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。