京都大学競馬研究会 kyoto-univ keiba institute 2013-12-の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

--/--/-- スポンサー広告  

第58回 有馬記念

さあ、グランプリ!
こんにちは、会長の南浦です。

いよいよ今年も有馬記念です。
キズナやエイシンフラッシュの回避は残念ですが、オルフェーヴルとゴールドシップの最初で最後の対決だけでも見ごたえがあるのではないでしょうか。
普段あまり競馬をしない人も有馬記念だけは、ということもよく聞きますので、ぜひお祭りにふさわしいレースを見せてもらいたいですね!

さて、みなさんはこの1年いかがだったでしょうか。
僕個人の1年なんて誰も興味がないでしょうから割愛しますが、有馬記念はその年の世相を反映するともいわれます。
今年は何があったか少し振り返ってみましょう。

なんといっても東北楽天ゴールデンイーグルスの球団創設以来初の優勝・日本一。
うちの部員にも野球好きが多く、感慨深いものがあったと思います。
これがどのような世相馬券になるのでしょうか。
アメリカのバンド、イーグルスが「デスペラード」という曲を発表しています。
日本の歌手もカバーしていることもあり、有名ですね。

さらに来年4月からの消費税増税が決まりました。
馬券の100円200円は全然気にならないのに、スーパーの食材の10円20円にはすごく気を張る競馬研部員にとっては死活問題です。
5%から8%になるということで⑤デスペラード⑧ラブリーデイ
どうでしょうか。
もうデスペラードしか見えなくなってきたんじゃないでしょうか?(笑)

東京オリンピックからオルフェ(金細工師)・ゴールドシップ(金船)なんてのは誰も興味ないでしょうから割愛します。

そんな僕の本命ですが、デスペラードです、はい。
有馬記念とは別に、この馬には偉大な記録がかかっています。
それは、横山典弘の2getです。
彼は18年連続でGⅠ2着という偉業を継続しています。が、今年はまだありません。
有馬記念のデスペラードで、本気の"2着"を見せてくれるでしょう。
僕の夢は横山典弘です。
ついでと言ってはなんですが、この中山開催はパワーがいる馬場になっており、時計勝負なら厳しいがスタミナが問われれば飛んでくるであろうこの馬がいいのではと思っています。

対抗は言わずと知れた現役最強馬オルフェーヴルにしました。
半年以上前から、種牡馬入りが確定しているオルフェが本気の仕上げでくるわけないんやから有馬なんかゴルシにきまってるやろと意気込んでいましたが、さすがにこの面子なら頭を期待せざるをえません。
7割の仕上げとかいう林が尊敬してやまないどっかの先生の言葉で宝塚記念は大外ししたのも思い出です。
当日に引退式もあるのであまり無様な格好はできないでしょう。
凱旋門賞の2年連続2着。今年一番盛り上がったのはこのレースではなかったでしょうか。

ゴールドシップを軸にするのはさすがに前走の競馬からも厳しいのかなと判断しました。
本当は前走4,5着でここで巻き返してくれるのが理想だったんですが…

夢といえば、オルフェの引退レースでオルフェ1着バリアシオン2着も見たいものです。

他の印は今年1年の思い出と夢を託した印にしました。
ゴールドシップは裏切られ続けたので買いません。(買ったのは天春と京都大賞典)

▲ヴェルデグリーン 内枠・中山適性
△ウインバリアシオン 復活兆し・オルフェの花道飾る
△アドマイヤラクティ アドマイヤ楽天・馬場味方
△ダノンバラード わさび(秋天罰ゲーム)

他の部員の印は以下の通りです。




arima.jpg



一人一人の夢はまちまちですね。
みなさんはどの馬に夢を託しますか?
いい一年の締めくくりとなるといいですね!
スポンサーサイト

 

2013/12/20 未分類 C0 T1  

朝日杯FS

予想ブログを書くのはいつ以来でしょうか。前会長の吉田と申します。

こうしてブログ更新するのが久しぶりになってしまったのには訳がありまして、何を隠そう実は私は今カナダ留学中なのであります。

ワーキングホリデー、俗に言うワーホリというやつで平たく言えば現地でフリーターして、英語もそこそこに喋って日本の競馬とはしばらくお別れかーなんてことを考えていた時期もありました。


ですが秋のGⅠシーズンが始まると我慢出来ませんね、サークルメンバーに頼んで馬券を購入しては日々悶絶しております。


そんな私も年末に帰国することになり、早くも今年の金杯は誰が逃げるのか(そいつを無条件で軸にする)を思案中であります(笑)





私の近況はここまでにして、そろそろ朝日杯の予想に行きましょう。

人気どころとしては、

・骨っぽいメンツの新馬戦をスローの中差し切り、デイリー杯2着もまだまだ底の見えないアトム

・ファンタジーSを逃げ切り、展開利も見込める中で武豊GⅠ完全制覇の夢を乗せるベルカント

・岡田総帥の期待馬で、大物を噂される馬も複数出走していた東スポ杯でクビ差2着と健闘したプレイアンドリアル


このあたりですかね。まあまずは部員の印を見てみましょう。



朝日





続いて私の見解です。文句のある方はキューピーマヨネーズを持ってカナダまで来てください、お願いします

◎マイネルディアベル

中山1600mは3コーナーが非常に緩やかで、実質2コーナー4コーナーだけの三角形の形をしていてポジション取りが重要、それだけに枠の有利不利が非常に大きいコースです。

そして穴を空ける馬は必ずと言っていいほど内をロスなく立ち回り直線抜けてきます。これはもう朝日杯のお決まりのパターンですね。

2012年は2コーナーでラチ沿いにいたロゴタイプ、コディーノ、ゴットフリートの3頭で決まり、

2011年は地力では劣るかも知れないアルフレードのみならずマイネルロブストもイン2イン3から脚を伸ばしレオアクティブの猛追を凌ぎ切りました


つまり私は今年はマイネルディアベルがスピードで先頭に立つベルカント(ウインフルブルームもつっかけるかも知れませんが)の直後、イン2を確保出来ると考えています。

去年のミルコのロゴタイプの騎乗の巧さには驚いた方も多いのではないでしょうか。今年もミルコは内に入れたいと考えながら騎乗するでしょう。後は馬がそれに応えられるか、そして力が足りるかどうかでしょう。


○アトム

そしてその後ろにポジションを取れそうなのがこの馬です。単純に1番強い去年の1番人気コディーノよりは中山も向きそうな気がしますが、鞍上はそうでもないような気がするので、そのあたりが勝ちきれなさそう感の原因なのかな、と


▲ショウナンアチーヴ

勝った2戦の内容が良いですね。特に前走は坂を上がるまで詰まりっぱなしでしたがそこから一気に抜けました。スプリンターという印象もなく好勝負になるんじゃないかと、希望ポジションとしてはアトムの外あたりですかね~

△は3頭

完成度高くダートでは大物感たっぷりだが芝もこなせそうなアジアエクスプレス

千両賞で後続に0.5秒差つける圧勝、ハナが切れれば面白いウインフルブルーム

切れる脚があり中山でも侮れなそうなショウナンワダチ










ベルカントはスワンS!!!って感じですよね。すごい偏見ですが、なのでファンタジーSを勝ったのはすごい納得できます。枠と騎手と展開はいいんですが、バクシンオー産駒でスピードに優ったタイプが距離延長中山でどうも踏ん張れる気がしないんですよね。なのでフォーメーションの3列目で。プレイアンドリアルもそこまで推し要素もないのですが地力を評価して同じ扱いってことで・・・



あと印は回りませんでしたが、グリサージュはいい馬だと思いますよ。皆さんちょうど江田照男のこと忘れてる頃だと思うんですよね~





予想は以上です。

完全に余談ですが、今夜はストリップを見に行ってきます。
チップを咥えて待っていると金髪でエロいお姉さんがそれをおっぱいで受け取ってくれるという夢のような空間です。たまりませんね。

それでは年始の淀でお会いしましょう。See you then!!
 

2013/12/14 未分類 C2 T0  

阪神JF

こんばんわ、2回の森山です。



先週のジャパンカップダートでは関東・関西インカレが行われました。
関東のインカレ競馬サークル・うまカレさんが砂の王者決定戦を
生でみようと関西までいらしてくれました!



前日の土曜日は京都大学、立命館大学、関西学院大学の3大学も
うまカレさんが毎週Ustreamにて配信されている『うまゼミ』に参加させていただきました。



私は予想が全く当たらないのでカメラマンとして
このゼミに参加したのですが現場もいい雰囲気で勉強になったのと同時に楽しかったです。



当日はレース観戦に加え予想大会、
レース後は梅田にて飲み会が開かれ雑談やクイズ大会などで盛り上がりました。
関東と関西、少し距離は離れていますがこれからもこうして交流を続けていけるといいですね!




さて、今週は史上最高レベルともいわれる
2歳牝馬決定戦の阪神JFが行われます。
来年のクラシック戦線はもちろん、POGをやられている方には
その勝敗を大きく左右する一戦となるのではないでしょうか。



やはり人気の中心は新潟2歳Sを最後方から
上がり3Fを32.5の脚で差し切ったハープスターでしょう。



他には無傷の3連勝&重賞2連勝で牡馬相手にも結果を残しているホウライアキコ
3年前のこのレースを圧倒的な強さで勝利をおさめたレーヴディソールを半姉にもつ良血レーヴデトワール
前走かなりの道悪馬場を小柄な馬体ながら力強い走りで
重賞タイトルを手にしたレッドリヴェールといったところでしょうか...。



ひとまず、京大競馬研のメンバーの印をみてみましょうか...。




阪神JF



印をみるとかなり散らばっていますね。


ハープスターは能力が高いのは間違えないけど
エンジンのかかりが遅く気性にも問題がありそう。
馬体もまだ緩さがあって抑えまで、といった意見が多いよう。



一方でこんな声も...




は○し『クリスマスって何月にあるのか、お前ら知らないのかよ。12番枠やぞ。これは堅い、うん。。。』




一同『・・・』




いいクリスマスになるといいですね(笑)



以下、僕の見解です。

◎ ホウライアキコ
大外枠はマイナスだが自在性があってハナにはこだわらない。すっと好位につければ問題ない。デ杯2歳Sでは開幕週が見方にしたとはいえ来週の朝日杯FSでも人気を背負うであろうアトムの追撃をシャットアウトする強い内容。阪神替わりで坂も未経験な点は不安ではあるがこの時点での完成度の高さでは2歳女王最右翼か。



○ フォーエバーモア
2戦2勝だがまだ世代トップクラスの馬と戦っていない点は気がかり。が、レース内容からまだこの馬も底をみせていないように感じた。初の右回りも課題だが好枠とどこからでも競馬ができるという強みをいかしてどれだけこの相手とやれるか。



▲ ダイヤモンドハイ
新馬戦はレーヴデトワールに食らいつくもハナ差かわされ2着。この時点では着差以上にレーヴとの差を感じたが自身の持ち味は示した。3戦目で勝ち上がって抽選で出走してきた身であり、少し厳しい枠に入ったかなというのが正直な印象だが、使われて好位からの競馬が板についてきた今なら新馬戦での差も逆転があっても。切れ味勝負だと分が悪そうだしあくまで穴として推したい1頭。
 

△には人気の3頭ですね。
レーヴデトワールは萩Sで折り合わず惨敗したように気性に問題面が。そこで最内枠に入ったのはマイナス。白菊賞からの中1週のローテも厳しい。血統の力でどこまで。
ハープスターも遊びながら走っていたとのように鞍上との折り合いはポイントになりそう。3か月半の休み明けなのも踏まえとおそらく断然人気になるであろうことも踏まえて△としましたが、能力だけであっさり勝たれても...。
レッドリヴェールも札幌2歳S以来の実戦となります。本調子には今一歩といった印象を受けました。また前走牡馬相手に勝利をおさめたとはいえこのときの馬場は超といっていいほどの極悪馬場。ここでの結果は評価に繋げるにくく、新馬戦も5頭だて、と正直力関係がわかりづらいといったところ。とはいえあの馬場で勝ちきるスタミナと勝負根性は認め△。


以上です。ここ最近全然馬券が当たっていないので
ここを当てて暮れの有馬へはずみをつけたいですね。


それではこの辺で失礼します。







 

2013/12/07 未分類 C0 T0  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。