京都大学競馬研究会 kyoto-univ keiba institute 2014-06-の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

--/--/-- スポンサー広告  

宝塚記念

 3回の山口です!

明日は上半期を締めくくるグランプリレース宝塚記念!

有力馬が回避し、メンバーが物足りない感じはあるものの連覇を狙うゴールドシップ、無冠の帝王ウインバリアシオンの2強に加えジェンティルドンナやメイショウマンボといったGⅠ馬やその他有力馬が揃っているので熱いレースが繰り広げられることでしょう。

 では、予想に入っていきましょう

まず馬場状態は今日の晩に雨が降るので、おそらく稍重か良馬場でも重い馬場なのは間違いないでしょう。今日の時点で阪神芝は重そうな馬場で重い血統の好走が目立っていました。

次に展開はどうでしょうか
このレースで展開への影響力が強いのは間違いなくウインバリアシオンとゴールドシップ
横典に乗り代わりのゴールドシップは恐らく出たなりの位置で後方から。そうなるとゴルシの前にいるウインバリシオンはゴルシよりも早め、あるいは同時に上がっていく戦法をとるのではないでしょうか。

 そして先行勢。おそらく逃げるのはヴィルシーナかカレンミロティック。大阪杯のようにカレンミロティックは引き離して逃げる可能性も十分ありえます。そうなると、例年通り、後半よりも前半の方が早く、道中緩むこともなく淡々としたラップが刻まれると思います。

 これらを踏まえると、僕の本命はゴールドシップ

今の馬場に一番適正があるのはこの馬なはず
京都では切れ負けしてしまうが、舞台は時計の掛かる阪神内回り。後方からの競馬になってしまいそうだが、機動力はあるので4角では射程圏内にはいるだろう。
また、特筆すべきは非根幹距離での成績と阪神、中山での成績である。

根幹距離では2-1-0-5だが
非根幹では8-1-1-0
さらに東京、京都では2-0-0-5に対して
中山、阪神では6-1-1-0と圧巻の数字

今回は全幅の信頼を置いても良いだろう

 対抗はウインバリシオン
この馬は長距離での安定感は抜群だが、中距離になるとそれほど信頼はできない
序盤はゆったり進め後半に末脚を発揮させる展開がベストなはず
さらに展開的にゴルシだけでなく前の馬(カレンやジェンティル)をケアしなければならないのでこの馬が一番仕掛け所が難しくなりそう。
しかし、それでも力は最上位で、機動力もあり、荒れ馬場適性も十分なので今回の手薄メンバーで軽視することはできないので対抗

以下は△です。

ヴェルデグリーン
 アーネストリー、ルーラーシップ、ダノンバラード、ナカヤマフェスタなど宝塚記念で絡んだこの馬達の共通点が中山芝2200mの重賞(セントライト、AJCC、オールカマー)で実績がある馬でした。
これは2200mという距離が特殊でリピーターが出やすい、同じような一貫ラップが刻まれやすいので宝塚記念に繋がりやすいレースだと言えます。

 ヴェルデグリーンは昨年のオールカマー、今年のAJCCを制しており、一貫ペースに強いこの馬は今回はかなり向いているはず。湿った馬場がいいかは分からないが十分に狙う価値はある。

トーセンジョーダン
 宝塚記念で警戒すべきはやはりタフで先行力がある馬
この馬は切れる脚はそれほど秀でていないが、先行するとバテずに渋とく粘りこむのが売りで底力が求められるこのレースでは面白い存在だろう。また、AJCCを制した実績もあるので期待

フェイムゲーム
 この馬の魅力は重い馬場でタフな展開が向いていそうという点である。ダイヤモンドSでは大きく出遅れながらも、タフな展開となり力の違いで完勝。また、AJCCでもヴェルデグリーンの3着と中山2200での実績もある。また、ステゴの近親でもあるので血統的にも期待できる。

印をまとめると
◎ゴールドシップ
○ウインバリアシオン
△ヴェルデグリーン
△トーセンジョーダン
△フェイムゲーム
です。
あとは明日の馬場と相談してカレンミロティックかマンボどちらかを△に加えるくらいですかね

↓は競馬研の印です。
宝塚記念

ジェンティルドンナが不人気ですが残当ですね。

明日は宝塚記念を的中させ、気持ちよく前半を締めくくりましょう!
ちなみに僕は先斗町アゲインを狙っています笑

また、宝塚記念へのぶち込みが数名間で行われる予定なので、楽しみですね笑
全員お通夜状態になっていないことを祈っています。

それでは。




スポンサーサイト

 

2014/06/29 未分類 C1 T1  

第64回安田記念~大荒れ期待~

お久しぶりです、会長の南浦です。

今週水曜日、我々京大競馬研は同志社大競馬サークルの方々と栗東トレセン見学に行ってまいりました!
安田記念出走のワールドエースをはじめ、トウカイパラダイスやジェンティルドンナの坂路調教を見ることができました。
また、ウニモグに乗せていただいて調教コースを一周したり、馬運車の中や新しくできたトレセン内の診療所をたっぷりと見させていただきました。
さらに大久保龍志厩舎のほうにもお邪魔させていただき、ダノンシャークの状態(馬房から出してGallopフォトパドック風に写真を撮らせていただきました笑)やスマートレイヤーの次走をはじめ、管理馬の一頭一頭を詳しく説明していただきました。
こちらの質問にすべてきっちりと答えていただき、普段聞けないような情報もたくさん…
そして今週日曜は阪神競馬場の来賓席に招待していただきました。
いつも見せている熱い気持ち(叫び)は心にしまいながら、紳士的に観戦したいと思います(笑)
とはいうもののどうせ来賓席に似合わない大きな声を出しているのでしょう…元会長とか元会長とか…

めったにできない体験をさせていただき、本当にありがたい限りです。

さて、今週は安田記念。さっそく予想に入ります。


グロリアスデイズ
外国馬が参戦する場合、まずその馬が足りるかどうかを予想します。
ロケットマンやデインドリームなど実績が日本の競馬ファンに広く知れ渡り、日本の馬場適性がどうであれ過剰人気になってしまう馬もいれば、ウルトラファンタジーなど近走だけで実力が足りないと過小評価される馬もいて、実力と人気が不釣り合いになることが日本馬に比べて多いからです。
この馬は3年連続の安田記念出走。もう日本でもおなじみの外国馬ではないでしょうか。
昨年のこのレースでは、出脚がつかずスタート直後から押して集団にとりつく展開。
直線はジリジリと伸びるも勝ち馬からコンマ7秒差の11着。このときは1:32.2の時計で走破しています。
また、一昨年は速い流れに戸惑い道中手が動いてしまう始末。
もちろん直線では手応えはなく、大外をぶん回すも勝ち馬と1.1秒差の14着。このときは1:32.4で走っています。
ここ2年のレース時計は1分31秒台とすごく速い決着で、こうなってしまうと香港で走る当馬にとっては厳しい流れに…
一方今年はというと週後半から東京は雨が降り続き、当日脚元はかなり悪くなりそう。
最近のように時計の速い決着になりそうもなく、この人気なら迷わず買い。
昨年香港GⅠを制しているように実績も十分で、今年は一発ある。

ホエールキャプチャ
この馬もグロリアスデイズ同様時計がかかる馬場は歓迎。
1分32秒4が精いっぱいで、前走負けたのも勝ち馬はこれより速く走っただけ。この馬の力は出せている。
東京マイル実績は文句なしで、混合戦についても東京新聞杯(道悪)を勝っているようにまったく問題ない。
前走で少しでも人気を落とすようなら、今回は積極的に買いたい。

エキストラエンド
ディープ産駒とはいえさほど道悪は苦にしないタイプと見ている。
マイラーズ組の中でもいい枠に入ったし、騎手も勢いのある(というか何をするかわからない)横山典J。
マイル戦でも安定した成績を残せているし、この人気は舐められすぎている感がある。
今週見学させてもらった診療所に「エキストラエンド打撲」の文字があったのでそこは懸念材料…

△ジャスタウェイ
昨年かなり痛い目を見たが、別路線組はこの馬といえどあまり買いたくない。
普通に走れば一番強いので抑えるが、鞍上柴田善臣騎手が圧倒の4着を見せてくれることを願うばかり。

△フィエロ
週中はこの馬を本命にすることも考えていたくらい。枠がもっと内が欲しかったので評価を下げた。
以前トレセンで藤岡佑Jが"この馬は買い続けたほうがいい"と言っていたように、かなり強い馬であるのは間違いない。

△カレンブラックヒル
この馬はいい枠を引いた。道悪も問題なし。
GⅠを勝っている舞台だし、前走の再現があっても不思議ではない。


当日は来賓席競馬ということで、振り回したいと思っています。
三連複1頭軸グロリアスデイズから総流し、なんかを買うので人気馬が揃っていなくなることを期待しています。
それでは部員の印です。


安田記念



春東京最終GⅠ!当たるといいですね!
 

2014/06/07 未分類 C0 T0  

14年ダービー予想

おはようございます。2回生の佐々木です。本日はいよいよダービーですね!
今から3年前、2011年に生を受けた競走馬たちが一世一代の大勝負に挑む日本ダービー。まさに生涯一度の夢舞台です。
これまでにも幾つものドラマが生まれてきました。今年はどのようなドラマが生まれるのでしょうか?今から楽しみです!

まずは馬場状態から確認していきましょう。
今週からBコースからCコースとなり、高速馬場とは言いませんが、内前が残る馬場になっています。おそらく日曜日もこのような傾向となるでしょう。
しかしどうしようないレベルというわけではなく、展開次第では外差しも届くとは思いますが、先週とはガラリと変わった馬場状態だということです。

次に展開を予想していきます。
ペースメーカーとなるはずであったウインフルブルームが出走を取り消したことにより、逃げを宣言をしている馬がいなくなりました。
したがってどの馬にも逃げるチャンスが有り、土曜の馬場状態を含め、この大舞台で一発狙ってやろうかという騎手がいても不思議ではありません。
ですがここは素直にスローになると予想します。

以上のことを踏まえ具体的な印と買い目に行きましょう!


◎トゥザワールド
絶好枠で先行することができるこの馬を積極的に買いたいです。
先週時点で川田騎手はイスラボニータをマークするような位置取り(後方待機)をとると言っていました。個人的にはそれは困ります(笑)
枠が決まった以上、出たなりで先行できるなら下手に抑える必要はないと思いますし、イスラボニータとドスローの切れ味勝負で分があるとも思いません。あくまで枠やウインの取り消しが発表される前だったので、川田騎手はその辺を上手く考えてくれると信じています。
今週の追い切りも抜群の手応えで、血統的な成長の伸びも考慮して本命にしました。
もちろん頭から積極的に買いたいと思いますが、取りこぼす可能性は低くないと考えています。
しかしあえて後方に控える競馬をしたりすることがない限り、3着は外さないと思います。


○ベルキャニオン
本命の馬よりも実は狙っているのがこの馬。過去の実績からみて東京適性があるのは間違いないと思います。好位に付けれてかつドスローでイスラボニータよりも切れる脚を使えるのはこの馬しかいないと思っています。唯一懸念されるのはプリンシパルSを一戦挟んでいるということで、今年もすでに4走していて今回がすでに5走目というところだと思います。しかし自分はあまり気にしていません。
なぜならスプリングSは入れ込んでてろくにレースをしていませんし、皐月賞も一言でひどい競馬にも関わらず0.5秒差の7着に来ています。プリンシパルSのレースで実力に疑問符が付いている人が多いと思いますが、これも個人的には気にしていません。
陣営としては、プリンシパルではお釣りを残して(極論を言えば持ったままのハナ差で)ダービーの権利を取ることがベストだと思っていたと思いますし、現にそのような仕上げだったかと思います。レース展開も味方してドスローの上がりだけの競馬であとに響くような消耗戦になりませんでした。最後思いのほかキネオペガサスに粘られた感はありますが、レース後、陣営も全くレースの疲労はないとのことでした。
プリンシパルからダービーまでの調教過程は、それでもやはり状態に気を遣っていたところがかなりあったと思います。
慎重に仕上げられた感はありますが、疲労さえ溜まっていなければ通用すると陣営が判断したことだと解釈しています。
共同通信やプリンシパルでも見せたように、行き脚がないというわけではないと思いますので、ゲート後上手く内ラチにつけて、好位で折り合ってくれれば直線向いて速い上がりを使ってくれればチャンスは有ると思います。

▲アドマイヤデウス
これも展開と馬場を考えた結果、また東京2400mの岩田が個人的に大好きなので、▲にしました。
それ以外にも多くの理由があります。まず、前走の皐月賞はレース前から入れ込みが酷く、体重も前走比-6キロとレースにならず。馬体重も戻り、しっかりとレースに臨めるようなコンディションならば狙える一頭だと思います。
岩田得意の先行して早めにスパートをかけると結構面白いかもしれません。

△イスラボニータ
枠順が発表する前はグリグリの二重丸だったのですが、この枠に入ってしまったので△にしました。
ドスローの展開はこの馬にとってベストだと思います。また、器用さと完成度の高さでは同世代で群を抜いていると思います。スタミナはもちろん2400mがベストではないと思いますが、ペースがかなり落ち着くのでその分道中で貯金を作ることができ、かつ確実に速い上がりを使うことができると思います。皐月賞時にネットで「東京専用機」とか「スロ専」とか言われていましたが今回がまさにそうなりそうです。
しかし、それでいてなぜ△なのかというと、やっぱり枠ですね。この馬は今までとても恵まれていて、今まで新潟2歳S、いちょうS、東スポ2歳S、皐月賞すべて1,2枠に入っています。新馬は論外として、共同通信杯は少頭数でもあり、しかも絶好のスタートを切り、このレースもしっかりと内々を回る器用な競馬をしています。もちろんこの器用さがこの馬の強みでもあるとは思いますが。しかし、「ダービーは最も運の良い馬が勝つ」と言われています。ここに来てちょっとツキがなかったなと思います。
上記のように、今回はかなりペースが落ち着いて馬群はかなり団子になると思っています。イスラボニータのような脚質と同型の馬は多いと思うのでかなり外外を回らされる可能性も考えられます。
調教も前走と比べあまりよろしくなく、もしかしたらスローペースが災いしてかかってしまう可能性も考えられます。
それでも勝つくらい強い馬だったという可能性も十分考えられますが、ここはオッズ的に△の位置に置きたいと思います。


△サウンズオブアース
前走の京都新聞杯ですが、直線を見るとハイペースながら早めに動きマクリにいったサウンズオブアースは四角をぶん回し、直線入って少ししたあたりで先頭に立ち、その後もしぶとく伸びるも最後に後方一気の馬に交わされて2着。掲示板に乗ったサウンズオブアース以外の馬はすべて展開の利があった後方一気の馬だっただけにかなり厳しい競馬だったかと思います。
個人的には展開が向いて勝った馬よりも価値のある2着だと思っています。ただ、かなり疲労がたまりやすいレース展開や競馬の内容だったため、レース間隔にあまりゆとりがないところも相まって少し気にはなります。しかし調教ではかなり動いているので体調面では問題がないと思っています。
さらに1枠1番という絶好枠。今回は好位につけて内々で脚を溜めて早め抜け出しをはかれば面白い一頭だと思います。


△レッドリヴェール
ここまでで一番良い臨戦過程で来ているとは思いますが、欲を言えばやはりもう少し感覚が欲しく余裕の持った調整をしたかったことは間違いないでしょう。今回初輸送で体重減の可能性も高い。枠も最悪といったように減点材料が豊富でいてかなり人気しているということで、切って美味しい馬だと思います。
しかし斤量有利のこの馬が繰り出す強烈な瞬発力がドスローの瞬発力勝負にフィットするのが怖かったので抑えます。
バッサリ切れたらカッコ良かったのですが、JCのデニムアンドルビーでものすごく嫌な思いをしたっていう個人的なトラウマが背中を押して仕方なく抑えることにしました。
しかしあまりにも馬体重が減っているようなら切ってみたいと思います。



☆サトノルパン
なんとこの馬がメンバー最速の上がりを持っています!!!!!!なお
本質はせいぜいマイルまでということを言われてるでしょうが、多分間違いないでしょう(笑)
しかし展開もドスローになりますし道中お散歩してくれれば…
おそらくドスローでお散歩することがまず不可能でしょう(笑)道中でジェットスキーしている姿が容易に浮かびます(笑)
頑張れルパン!頑張れ小牧!ということで応援枠です。見なかったことにしてください。


気になる人気馬にも触れておきます。

注ハギノハイブリッド
近年ではかなり調子のいい京都新聞杯組ですが、この馬は4コーナーを内でじっくりと脚を溜め、勝負どころで外へ出し展開もハマったにもかかわらずかなり不利のあったサウンズオブアースにあまり離すことができなかった点が気になります。
かなり気合の入った調教だったようですが、その結果、体重がガレ気味のようです。レース間隔も考えて、大幅な馬体減はかなりの減点材料となりそうです。

注ワンアンドオンリー
ゲート後に多少勢いをつけて好位に付けられてかつ直線で馬群を捌くことができれば絶好枠ですし来る可能性はあります。
しかしおそらく後方から大外をぶん回しての直線一気の追い込みをすると思います。これは今週の馬場状態と、ドスローで超団子になるために四角で内外かなり膨れると思いますのでその外を通るとなれば追い出しが遅れたり、いろいろ不利な影響がありそうです。
皐月賞の上がり1位が過去10年でディープインパクトが1番人気の1着。アドマイヤオーラが4番人気3着。それ以外では馬券に絡んでいませんし、必ず人気を裏切っています。これは、中山2000と東京2400で使う上がりの脚が異なる性質のものだからだと考えられます。
今回の調教について坂路の追い切りでしたが、終いの1Fが最速で上がってこれませんでした。実は前走もそうでしたのでこの馬の使える末脚を表しているように思われます。これには橋口調教師もさすがに泣きが入っていたようです。ただ、調子自体は悪くないようです。


自分の予想は以上です。

以下、他の競馬研のメンバーの予想について見てみましょう。

ダービー

やはりみなさんイスラボニータに対する信頼はかなり厚いようです。

最後に、うまカレの関係者の皆さん今回はこのような素晴らしい場所を用意してくれてありがとうございました!




宝塚記念のときは京大競馬研が頑張る番なので次回は春天の時のように出遅れず頑張りたいと思います。
それでは。
 

2014/06/01 未分類 C1 T0  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。