京都大学競馬研究会 kyoto-univ keiba institute 2015-05-の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

--/--/-- スポンサー広告  

競馬の祭典! 日本ダービー

お久しぶりです! 今年から3回になったフジモトです。

今日はダービーデーということで、東京競馬場はもちろん、我らが地元京都でもかなりの人が来ていて、やはりダービーなんだなー実感しています!



さて、今年のダービー、僕は半年以上前から狙っている馬がいました。


大きなストライドで走る伸びやかなフォーム……。




明らかに大回りコースの長距離に向きそうな胴長の体型……。




重賞で他馬をあっという間に交わしたあの豪脚……。





その名は、














ブライトエンブレム!!!








回避しました(泣)



そういうわけでダービーの購買意欲を8割以上削がれている僕ですが、それでもダービーはダービー、しっかりと週始めから予想しました。


まず本命=◎はリアルスティール。それこそ大きなストライド、2400mでもこなせる体型、そして重賞ではスプリングSで見せた末脚に加え、共同通信杯・皐月賞では先行抜けだしと自在性も兼ね備えています。


折り合いの心配もほとんどない分まあ軸にはピッタリなんですが、福永騎手のコメントが「控える」という体のもので若干気になります。ただ、前走抜け出してからソラを使ったようなコメントも見受けられたので、抜け出しのタイミングを少しずらすという意味での「控える」だと思うのでそこまで心配する必要はないかと。ただ、その抜け出しのタイミング自体については、枠も外枠なだけに容易ではないと思います。そこを福永騎手がドンピシャのタイミングで追い出せるかどうかがポイントとなってきそうです。


対抗=○はキタサンブラック。この馬、実は物凄く脚が長くて、その分がストライドの大きさにかなり反映されています。ストライドが大きいということは東京大回り向きということ。実際2戦目の500万下では2着に後の京都新聞杯を勝ったサトノラーゼンに3馬身差で快勝していることを考えても、中山<東京という考えは捨てきれません。理想は番手からの早め抜けだし。ダービーでは先行馬に対してそこまで速い上がりを求められないですし、先行力と粘りが武器のブラックタイド産駒にとってはCコース替わりはこれ以上ないアシスト。天気が持つなら積極的に狙いたい馬です。


単穴=▲はドゥラメンテ。能力についてはもう語る必要はないでしょう。問題は散々言われてきた気性。外枠に入ったことで折り合いをどうするかがカギとなってきます。ただ、堀×ミルコが特に工夫もせずその問題を野放しにして、結局レース中にドゥラメンテがかかるなんて醜態を晒すでしょうか。僕はそうは思わないので素直にこの馬の実力を信頼します。ただ、これまでのレース、特に皐月賞を見る限り、意外と「長くいい脚」は使えないんじゃないかと思っているので、オッズも鑑みてこの印にしておきました。


以下、連下=△はサトノクラウン、サトノラーゼン、ミュゼエイリアンです。


サトノクラウンは弥生賞がベストパフォーマンスだと思っているので、東京に替わる今回の評価は少し下げ気味にしました。勝った東スポ杯はメンバーがあまり強くありません。それに最後の2Fだけの勝負だったのでレース自体の価値もあまり高くないと考えています。ただ、ベストパフォーマンス時の強さは上位2頭と大差ないと考えているので、▲に近い△です。


サトノラーゼンはとにかくラチ沿いベッタリを評価してのものです。この馬も母父ロベルト系らしく速い上がりは使えないタイプなので、キタサンブラックと同じような競馬が求められます。鞍上が岩田騎手なのでそこら辺はうまくやってくれるだろうと期待を込めての△。


ミュゼエイリアンはキタサンブラックやサトノラーゼンのもう一つ後ろから。馬群の真ん中よりやや前目、やや内目を追走して直線でヌルッと現れるのがベスト。好調のノリさんならその「ヌルッと感」を体現してくれるはず。



堅そうな予想ですね(笑)

ただ、大体のダービーはこんなものだと思っているんですが、いかがでしょうか?


ちなみに競馬研全体の印はこんな感じになっています。


2015ダービー


やはり上位2頭に印が集中しているみたいですねー。ところでミュゼエイリアンにそこはかとなく負荷がかかっているのは気のせいでしょうか?



それでは、今日も競馬を楽しんでいきましょう!
スポンサーサイト

 

2015/05/31 予想 C0 T0  

オークス

おはようございます。2回の真鍋です。
先週のヴィクトリアマイルはかなり荒れましたね、3着に最低人気のミナレットが突っ込んで三連単歴代2位の配当を演出してくれました。歴代1位も頭がミナレットらしいですね。こんな馬もいるのか、と。人気も無く当然のように凡走を続けている不肖私もこれを知ってミナレットのように大駆けをしてやりたい!と思いました(もちろん凡走を続けています)

一方、ブログでは林さんが◎ストレイトガール○ケイアイエレガントというすごい予想を展開してくれました!それに続け!といきたいです。というわけで今週のメインはGI6週連続開催第4戦牝馬クラシック2冠目オークス(優駿牝馬)です。
18頭の中で唯一今回の舞台東京2400mを経験していたトーセンナチュラル号が跛行のため出走取り消しとなってしまったため、出走馬全馬が未経験の距離で戦うことになったこのレース、今までで一番長い距離を走る乙女たちはいったいどんなレースを僕たちに見せてくれるのでしょうか…

では予想に入りたいと思います。
雨予報らしいですがそんなに雨は降らないと思います。全く降らないということもありそうです。

◎はミッキークイーンにしました。
桜花賞は賞金が足りず出走は叶いませんでしたが同日行われた忘れな草賞を快勝してここへと駒を進めてきた本馬。桜花賞に出走が叶っていれば人気していただろう実力の持ち主。
クイーンCや忘れな草賞でみせた末脚を発揮できれば桜花賞組を蹴散らせるのではないでしょうか。

○レッツゴードンキ
その迎え撃つ桜花賞組の筆頭桜花賞馬。桜花賞は逃げてスローに持ち込んで後続を完封、スローになったから勝てたという意見が多数あるようですが、もともと世代上位をずっと張ってきた馬ですし弱かったら4馬身も突き放せないのでは?ということからオークスでも期待できます。

▲ココロノアイ
予報通り雨が降って馬場が重くなるようならこの馬が台頭してくるのではないでしょうか。
不良馬場のチューリップ賞を勝っていますしもともとの力も申し分ありません。

△アンドリエッテ
クイーンC、チューリップ賞、桜花賞といろんなペース馬場でもしっかりと追い込んできています。はまれば突き抜けるだけの力はあります。

△キャットコイン
桜花賞は力負けとは思っていません。桜花賞までの3戦はどれもかなりのパフォーマンスだと感じていますし、雨でもこなせるんじゃないかなとも思います。


不肖が世代のトップに位置する馬をどうこう言うのはアレなのでこれぐらいにしておきたいと思います。

最後に競馬研のメンバーの印をみて終わりにしましょう。
2015オークス
ミッキークイーン人気しすぎでは...
 

2015/05/24 予想 C0 T0  

ヴィクトリアマイル 予想

こんばんは。4回の林です。よろしくお願いします。
春の6連続G1も3週目ということで今週はヴィクトリアマイル。今年で10回目とまだまだ歴史は浅いですがウオッカの7馬身差圧勝やブエナビスタとアパパネの名牝対決、牝馬三冠すべてでジェンティルドンナの2着に泣いたヴィルシーナの連覇など毎年見ごたえのあるレースが繰り広げられています。今年もそのようなレースを期待したいですね。

そのヴィクトリアマイルの傾向ですが、内前有利という傾向が強いです。内枠や前目で競馬をした人気薄の馬の好走が目立つ一方で人気馬でも外枠の馬や追い込み馬などは苦戦を強いられています。外から追い込んできたブエナビスタとアパパネが内で粘るレディアルバローザをゴール直前でかろうじて差し切った2011年のレースを思い出すといかに追い込み・外枠が厳しいかわかります。今年も内前有利の傾向が続くという想定で予想していきたいと思います。

◎ストレイトガール
大外で出負けしてしまい、結局前々で決まった前走は度外視。昨年は中断から脚を伸ばして3着。昨年より力が落ちている印象はなく今回も内枠ということで、持ち前のスピードで昨年よりもう少し前目で競馬ができれば。

〇ケイアイエレガント
昨年は外枠から先行し最後までよく粘って勝ち馬から0.3秒差の6着。昨年より枠が内になったことで距離ロスを減らすことができれば粘りが増して一発まであるのでは。

▲バウンスシャッセ
前走はしぶとく脚を伸ばして重賞初制覇。前目でいい脚が使えれば。

△ヌーヴォレコルト、タガノエトワール、カフェブリリアント
ヌーヴォレコルトの実績はメンバー中で断然。ただこの馬はオークス以降は常に内枠を引き当てており、内枠で距離ロスがほとんどなかったことがこの馬の実績に大いに影響を与えていると思います。実際直線で外に出した秋華賞ではショウナンパンドラの後塵を拝すなど距離ロスがあれば意外と脆い面もあります。内有利のヴィクトリアマイルで15番枠ということで今回は評価を下げてみました。タガノエトワールとカフェブリリアントは過去9年で3着以内率44.4%の1枠を評価しました。

予想は以上です。
ヴィクトリアマイルには京大競馬研OBマイケル・タバートさんの所有馬ハナズゴールも出走します。得意の良馬場でのレースとなりそうなので、人気薄ですが差しが決まる展開になれば十分勝ちきれる実力はあるので頑張ってほしいです。応援しています。

良いレースを期待したいですね。

最後に皆の予想を見てみましょう。2015vm.jpg

ハナズゴール無印でした。
 

2015/05/16 予想 C0 T0  

NHKマイルカップ

久しぶりです。4回生の橋本です。
京都大学競馬研究会では絶賛新入生歓迎中(上回生でも可)ですので、興味がある方はぜひぜひご連絡ください!

さて、今週はNHKマイルカップですね~! 先週は、◎ゴールドシップ○カレンミロティックで外してしまい悔しい思いをしましたので、今週はそんなことがないようにしたいです・・・が、実はこのレースは去年◎ロサギガンティア▲タガノブルグ△ミッキーアイルで、痛恨の4着くらって悶絶したレースでもあります笑笑 ヨシトミ先生を本命にしたのが悪かったんですよね、そうだよね。。。

って、いつまでも引きずったらダメじゃん俺!ってことで今年の予想に入っていきましょうか!!

◎はクラリティスカイ
いちょうステークスが強かったと思っています。2歳の秋にしてあのタイムで走り切ったときと同舞台に戻れば、この中では実績で一番抜けているこの馬の順番じゃないでしょうか!
個人的に好きなクラリティシチーの弟ということでも注目しています。
前走の皐月賞は逃げて5着、今回はアルビアーノがいるのでさすがに逃げはないっしょってことでいちょうステークスの時と同じ展開でオナシャスって感じです!
競馬研人気してるのは少し気になりますが、大丈夫だと思って応援します!(競馬研人気するとその馬に、なぜか負荷がかかってこなくなっちゃうことがよくあります。だからメンバーと逆の予想すると当たるかもしれませんよ笑)

○はアヴニールマルシェ
私事ですみませんが、この馬はPOG(ペーパーオーナーゲーム)で1位指名で持っている馬なのです笑 そのPOGは2回目なのですが、初めての時のPOGではGIに出る馬をPOGで持てるなんて夢だったのでこの馬には本当に感謝です! ですが、正直、勝てるかどうかに関してはわかりませんけど、追い込んできて2着に来てくれれば十分です^^;
ここ2着でダービーまで行ってくれることに期待して馬券買います!
新潟2歳ステークス以来のマイルになりますが、あの時は勝ち馬ミュゼスルタンとともに、レコードタイムで走り切りました。マイルでも十分勝負ができる証拠だと思います。また、NHKマイルは1800m以上のレース経験馬の好走も目立つレースです! 
アヴちゃん頑張ってねー!!

▲はミュゼスルタン
今回、調教師さんががめちゃくちゃ吹いていると話題になっているのがこの馬。絶対勝つって言ってしまってましたね笑笑
GI勝利がない調教師が絶対勝つっていうっていうのを信じていいのかどうかってことですが、馬単体で見れば、アヴちゃんとともに新潟2歳をあのタイムで走り切ったということで、レベルが高い馬だと思っています!
前走はリアルスティールと上り3Fが同じで骨折復帰戦としては十分でしょう。 叩き2戦目の今回、頭もあるのではないかと楽しみです。
またこれは自分の勘かもしれませんが、競馬ブックのトップに出ている馬は大体馬券圏内に入っている気がするんです、、、 そして今回がミュゼスルタン。 信じるかどうかはあなた次第・・・笑笑

△グランシルク
この馬は、NZTしか見てませんが、大出遅れから最後追い込み2着。
東京でこその馬だとか言われてますね。そういう安易な考え方はどうかわかりませんが、やはり能力がないとあそこまで来なかっただろうことは事実だと思います。
だから相手に入れときます。

△アルマワイオリ
安定感がありますよね。朝日杯FSでは2着。勝利はどうかと思いますが、3着までなら。
こじるりの◎でもあります。

△ニシノラッシュ
この馬は新潟2歳の3着馬。この馬も強かった。その時以来、応援しています。休み明けが少し心配ですかね。



2015nhkmc.jpg
メンバーの予想を見るとグァンチャーレに意外と印が集まってますねー。
レースが楽しみですね!またよろしくお願いします!!
 

2015/05/10 予想 C0 T0  

天皇賞(春)予想

どうもみなさんお久しぶりです
現会長で3回の藤原と申します。

先週から京都開催が始まり、京大競馬研も日曜日に早速行ってきました。
当日のメインレースはマイラーズカップだったのですが、実際のオッズで8番人気のレッドアリオンがサークル内で異常なまでに人気となっており、開幕週から怪しい空気が立ち込めていました。


......が、レッドアリオンは(我々の)人気に応えて見事優勝!
実際のオッズとかけ離れてサークル内で人気が集まっている場合は、大体馬券にならない(しかも4着が多い)というのがお決まりのパターンなのですが、レッドアリオンは非常に強い馬だったようですね!
続く最終レースも的中者が続出し、終了後の飲み会は非常に和やかなムードで行われました。

ちなみに先々週の皐月賞でもドゥラメンテに◎をつけた部員が最も多く、今のところは日々成長を続けている当サークルをご覧に入れることができているのではないでしょうか笑


予想に移る前に大事なお知らせを一つさせて頂きます

明日、5/3は新歓企画の第三弾として、京都競馬場にて天皇賞(春)の観戦会を行います!
おそらく京都競馬場が一年で最も盛り上がる日なので、興味のある方はぜひツイッターか私の新歓用メールアドレスまでご連絡ください!
京大競馬研一同お待ちしております!
連絡先は↓になります

ツイッター【@KKeibaken】
メールアドレス【keibafuji26@gmail.com】



前置きが長くなって申し訳ありません。
それでは天皇賞(春)の予想に移らせて頂きます!

◎タマモベストプレイ
この馬は先行馬なのですが、早い上がりが要求される展開が苦手な馬です。
デビューからあらゆる条件のレースを使っていながら、33秒台の上がりを出したことはキャリアを通じて2回しかありません。
前2走はどちらも2400m以上のレースでありながら、勝ち馬の上がりが日経賞では34.2、日経新春杯では33.8なので、まさにその不向きなレースになってしまったのではないでしょうか。
その点からこの馬はフジキセキ産駒でありながら距離延長はプラスで、速い逃げ馬が不在のためペースが上がりすぎるということもなさそうなので、内枠と先行脚質を活かせば馬券圏内は十分あると思います。

○カレンミロティック
阪神大賞典では進路が塞がる形になっての4着。
昨年までは中距離を主に使われていましたが、前走の阪神大賞典で長距離への適正も示した形になりました。
長距離に強いハーツクライ産駒ということもあって穴人気になるかなと思っていたのですが、意外にも土曜日現在で単勝33倍の11番人気と、非常においしいオッズに思えます。
やはり、内枠先行馬という点を高評価しての印です。

▲サウンズオブアース
10番以内くらいまでの枠なら本命にしようと思っていた馬です。
前走の日経賞は4角から直線にかけて進路が無くなり、最後は脚を余しての4着。
菊花賞ではトーホウジャッカルに負けたものの、3着には3馬身半の差をつけており、うまく内を立ち回ったレース運びをしたことを差し引いても出走馬の中ではこのコースで最も力を出せると考えられます。
しかし、厩舎サイドもコメントしているようにこの枠では菊花賞と同じようなレース運びが難しく、道中は外を回るか、前走のように一旦下げて捲る形でスパートするかしかないでしょう。
どちらにしても開幕2週目の京都ではかなり痛手なので、この印になりました。

△ゴールドシップ
この馬はおそらく京都が不向きだと言われているのですが、昨年の天皇賞(春)では大きく出遅れ、苦手なスローペースながらも0.5秒差の7着と際どい勝負をしているので印を入れました。
出負けが多く、あまり内枠の恩恵が受けられないタイプの馬ですが、しっかりゲートを出て内枠を活かしたレース運びが出来た場合は怖い存在です。

△クリールカイザー
内回りの中距離がベストな戦績には見えますが、アルゼンチン共和国杯では2着、ステイヤーズSでは3着に来ており、それなりには外回りや長距離もこなせると見ます。
先行勢の一角になると思われるので、緩い流れに持ち込めば馬券にもなりそうです。

△ラストインパクト
阪神大賞典で2着馬にかなり離されての3着だったので、昨秋のこの馬の活躍を考えると物足りない結果と言えます。
昨年の天皇賞(春)でも9着に敗退しており、そもそも長距離が向いていない可能性はありますが、好枠と脚質の自在性は評価できます。


人気馬が外枠に集中しており、さらに人気馬の脚質も差しや追い込みに集中しています。
さらに速いペースで引っ張るタイプの逃げ馬がいないため、内枠先行馬中心の予想になりました。
京都外回りのG1と言えば過去にもビートブラックやクィーンスプマンテ、イングランディーレなど人気薄の前残りが期待できるコース設定なので、明日は的中させた馬券で家を建てようと思います!

↓が競馬研メンバーの印になります
2015春天

ホッコーブレーヴに人気が集中し、ゴールドシップはかなり軽視されています。
そろそろここまでの好調っぷりの揺り戻しが来そうなので、ゴールドシップはやはり抑えておいたほうがいいかもしれませんね!
それでは失礼します。
 

2015/05/02 未分類 C0 T0  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。