京都大学競馬研究会 kyoto-univ keiba institute Entry 100

第65回安田記念

 こんばんは!4回生になったはいいものの先行きが果てしなく怪しい緋田です!ブログを書くのは一昨年のマイルチャンピオンシップ以来2回目とかなり久々で経験も浅いですが、進路と同じくなんとか頑張りたいと思います!(と意気込んでいたら更新に失敗して午前3時に全て書き直すことになってしまいました、トホホ…)


 さて、競馬の祭典、第82回東京優駿は皐月賞馬ドゥラメンテがここも危なげなく制してダービー馬の座、そして二冠馬の栄光を手にするという結果になりました。今後は菊花賞に向かうのか、それとも凱旋門賞に向かうのかにも注目が集まっているようで、いずれにしても楽しみですね!


 そして今週は6週連続でのG1開催を締めくくる、第65回安田記念です。昨年こそジャスタウェイが世界を制した力をここでも見せつけたものの、マイル戦線はしばらく主役が不在で、今回も悩まされますね。ちなみに私は年明けの京都金杯以来予想がまったく当たっておらず、他のメンバーほど馬券を買うわけではないとはいえこれはひどい、というわけで起死回生をかけて予想をしたいと思います!

 
 まず本命◎はフィエロにしました。まず今回の前提として、カレンブラックヒルに武豊騎手が騎乗予定なので、おそらく淀みのないペースでレースが流れると考え、差し馬を予想の中心に据えました(とはいえ有力馬のほとんどは差し馬なのですが!)。その差し馬の中でもこの馬はマイル路線で上位の力があるのは間違いないですし、なにより名前がかっこいいですよね。JRAによると、馬名意味は「誇り高い(伊)」だそうで、この馬から馬券を当てて、私も誇りを取り戻したいということで、この馬を本命にしました。


 次に対抗○はミッキーアイルにしました。基本的には差し馬重視ですが、差し決着になった場合でも、2、3着には逃げ、先行馬が残るパターンが多い印象なので、先行馬の中でも実績が抜けているこの馬を対抗にしました。ちなみに私が敬愛する英文学者の柳瀬尚紀さんがJRAに寄稿している馬名プロファイルによると「Mikki Isle=Like I skim(私がすいすい飛ぶように)」とのことで、この馬を買えばレース運びも馬券も進路もすいすい進むこと間違いなしだと思います。


 単穴▲はヴァンセンヌにしました。おそらくフィエロと近い位置取りになると思いますし、印こそ▲ではありますが、フィエロと同等の馬だと思っているので、どちらを本命にしようか迷いました。名前もかっこいいと思います


 連下△はダノンシャークケイアイエレガントレッドアリオンの3頭にしました。


 ダノンシャークは昨年のマイルチャンピオンシップの勝ち馬ですが、あの勝利は岩田騎手会心の騎乗によるところが大きかったと思うので、今回は△の評価にしました。ただし今回も岩田騎手でさらに内枠なので、前回以上にあっさりと勝たれそうなのが怖いですね、なんとか3着におさまって欲しい…。


 ケイアイエレガントは上述のミッキーアイルのような感じで残ることを期待して選出しました。春のG1で猛威を振るったキングカメハメハ産駒な上、配当にも妙味がありそうなのがいいですね。


 レッドアリオンもここ2走で先行策が板についてきましたね。再び馬名プロファイルによれば「アリオンは人語をしゃべる」とのことで、レッドアリオン自身がこのブログを読んで頑張ってくれると思います。


 ちなみにモーリスはあの枠からだとおそらく大外を回すことになると思ったので、G1の今回は割り引きました。最後に全員の印を、フィエロが圧倒的人気を集めていますね!それではみなさん、今回はこのあたりで!


2015安田
スポンサーサイト

 

2015/06/07 未分類 C0 T0  

Comment

 
HN   title  

URL  pass