京都大学競馬研究会 kyoto-univ keiba institute Entry 108

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

--/--/-- スポンサー広告  

【告知】京大競馬研から本が発売されます!

こんばんは、4回生の森山です。

最近寒くなって参りましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?

僕はというと毎週末JRAさんの方にお金を一時的に貯金する、充実した日々を送っています。
そろそろお金を引き出して、年末に向けて弾みをつけたいところですね。



さて、今日は大切なお知らせがあります。


な、な、なんと!



京都大学競馬研究会から、本が出版されることとなりました!!







本のタイトルは『京大の馬券力!』となっており、一部書店では11月20日から店頭にならび、全国書店で11月21日から発売されます!




京大の馬券力!



このような本となっており、出版にあたり『京大式・推定3ハロン』でお馴染みの久保和功さんに監修していただいております。

さらに、11月21日、22日、23日、12月5日、6日に一部本屋でこの本をご購入された方には
当日行われるJRA開催レースのいずれかのレースについて著者による予想がついてきます。


当京都大学競馬研究会では様々な視点から各々が毎週末競馬予想をしているのですが、
その中から6名が競馬に対する独自の持論を担当章ごとに紹介する、という形式になっております。


以下に各章の担当者とその内容について簡単に触れたいと思います。




はじめに~ 本命が被ると凹む男たち
競馬をしているみんなが幸せになることはない!と考えるひねくれ者が集まった当サークル。
本命が被る=外れる?というジンクスがあります。こうした週末の葛藤や京大競馬研メンバーの生態などについて語られています。



第1章 京大競馬研のギャンブル思考
担当:森山
この章で競馬の予想を考える前に、ギャンブルというものと正しく向き合うべき姿勢について、私、森山が書かせていただきました。払戻率の改定による馬券購入者への影響や、データに対する考察などを述べています。



第2章 牡牝・季節・ローテで分析する新・血統馬券の方程式
担当:堀内
血統派・堀内が独自の視点から血統論を展開しています。お宝ザクザクの初ダートについてや、なぜ距離短縮により好走する馬が出るのかなど、馬券に役立つ情報盛りだくさん!



第3章 「中盤」を制するものは勝負を制す!京大経済学部のラップ投資論
担当:藤本
京大経済学部在学中であり、ラップ分析を得意とする藤本がラップ論を展開。馬の能力を測るラップや適性を測るラップなど、競馬予想の大きなカギとなるラップについてわかりやすく解説しています。



第4章 人気馬と違う「脚質」を買え!儲けるための「展開読み」の正解
担当:吉田
京都大学研究会名誉顧問であり、現在予想家として活動中の吉田が“レースの展開”を読んで、馬券に応用する術を公開!
騎手心理から生まれるレース展開など、独自の視点から語られる予想法に注目です。



第5章 「1着っぽさ」「2着っぽさ」「3着っぽさ」を極める着順固定馬券術
担当:山口
京大競馬研一の馬券上手とも言える山口が超独創的な馬券術を公開。今年の安田記念で配当10万円超え3連単を僅か9点のフォーメーションで仕留めた驚きの着順固定術はまさに唯一無二と言えるでしょう。



第6章 「自分ちの庭」では他人に負けられない!京都芝外回り専用攻略法
担当:奥戸
京都競馬場で行われるレースのうち芝コースで外回りを使用するレースのみを専門とする個性派・奥戸が、自らの得意条件の攻略法を紹介!競馬の極み、京都・芝外回りにあり!!




それでは個性派が揃う我がサークル員の予想法を是非!読んでいただければと思います!!

スポンサーサイト

 

2015/11/17 活動 C0 T0  

Comment

 
HN   title  

URL  pass
 
       

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。