京都大学競馬研究会 kyoto-univ keiba institute Entry 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

--/--/-- スポンサー広告  

ローズS

1回の森山です、はじめてブログ書きますよろしくお願いします。
最近は尖閣諸島問題や上戸彩の結婚報道といったニュースに心痛む日々を過ごしております。


そんな話はさておきブログ書きます。予想するのは秋華賞トライアルのローズSです。
なんだよ、セントライト記念じゃないのかよ。という声も聞こえてきます(?)が
僕の嫌いなフェノーメノが出て、しかもなんか楽勝しそうな気がするので書きません。


はい、というわけでローズS。

二冠馬ジェンティルドンナがでますね。
馬の名前にしては名前が長いし、その意味が見た感じ不明なので競馬が初めての人は覚えられないかもしれません。
僕はこの馬が桜花賞勝つまでうる覚えでした。
ウインズや競馬場にいるおじさんはジェンティルドンナという名前を覚えれないらしくいつも馬番か正確ではない名前(ジェントルと間違えることが多い)で呼びます。名前はあっててもイントネーションがおかしいことがよくあります。
だけど覚えてください、ジェンティルドンナ
(イントネーションについてはJRAのレースVTRの解説者の声を参照)



先ほどから出走馬を吟味して本命にあげたのがハナズゴール。
しかしつい先ほど回避が決まってしまいました 泣
という訳でもう1度1から予想を組み立て直します


今回のローズSはオークス以来の馬が中心で
また3歳牝馬ということで馬体重の増減やパドックの様子をみて判断したい要素がたくさんありますが
実力馬が普通にレースしてくれれば穴党泣かせのレースになるのではないでしょうか。
とりあえずはジンクスがどうだの難しく考えず素直に印を打っていきたいと思います。



◎はジェンティルドンナ。
前走のオークスでは圧倒的な力を見せつけ2着馬と0.8秒、5馬身もの差をつけ圧巻のパフォーマンス。
それ以上に特筆すべきは勝ち時計の2:23.6というタイムだと思います。この世代では頭一つ抜きんでているのではないでしょうか。
秋の目標は秋華賞でここが万全な仕上がりじゃないにしろ追い切りなどをみていると態勢は整っているように思います。
秋華賞を見据えてのレースということでイメージとしてシンザン記念くらいの位置取り、比較的前目でレースを進めるように思います。


○はヴィルシーナにします(やけくそ)
ハナズゴールが回避するまではこの馬を軽視する方向性だったのですがいざジェンティルの対抗をどうするかってなった時に他の馬では役不足な気がしてなりませんでした。
阪神外回りは少し分が悪いような気もしますが前々で粘る競馬をすれば展開次第では勝ちもありそうです。


▲はキャトルフィーユ
オークス後に骨折していますが、阪神の成績は【1,1,0,0】と相性がよく
2着だったレースの勝ち馬は宝塚記念でも好走したマウントシャスタでこのレース同馬にクビ差まで粘っています。
またこの時のコースは今回のコースと全く同じ。オークスでは14着と敗れましたが内目の枠引きましたし前につければ得意の条件で一発あるとみます。



トーセンベニザクラは輸送の不安、また関西遠征した阪神JF、桜花賞の成績が不振なことからここは消していいように思います。
その他500万下を勝ってここに出走してくる馬はここでは力が足りないように思います。
先週の紫苑Sで優先出走権を獲得したブリッジクライムに前走クビ差で敗れたラスヴェンチュラスは力ありそうなので押さえておきます。


というわけで僕の結論は

◎ ジェンティルドンナ
○ ヴィルシーナ
▲ キャトルフィーユ
△ ラスヴェンチュラス

という感じになりました。
今気づくとディープインパクトもビックリ!全部ディープインパクト産駒となってしまいました。
ディープの血が仁川の地で騒ぐことに期待します。
間違っても僕の血で仁川が染まるようなことだけは...


それではこの辺で失礼します。
スポンサーサイト

 

2012/09/15 予想 C0 T0  

Comment

 
HN   title  

URL  pass
 
       

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。