京都大学競馬研究会 kyoto-univ keiba institute Entry 124

第21回秋華賞(G1)

お久しぶりです。3回生の池田です。
前回VMの予想では〇→△→◎で決まったにも関わらず三連複すら持っていなかったというありさまでした。反省します。
アルゼンチン共和国杯がようやく近づいてきて私の気持ちも高揚してきていますが, 共和国杯当日に現地に行くための資金的ステップレースであるところの秋華賞はきっちりと当てないといけません。

ザッと過去のレースを見た限りでは
 ・ 人気馬が普通に強い
 ・ 後方にいては掲示板も厳しい
 ・ かと言って前残りにはなりにくい
 ・ 当時のショウナンパンドラは強し!!というよりはいいところにいたの感が否めない
 ・ 前走中山組の好走が目立たない(ショウナンパンドラは前走紫苑Sだが14年は新潟開催, 実は2002年3着シアリアスバイオの紫苑S(2着)も新潟)
 ・ ローズステークス組の好走が目立つ
といったところでしょうか。GⅡのローズSのほうが昨年までOPの紫苑Sに比べて好メンバーとなるのは必定ですから, まあ施行回数もまだ20回だということで今回はあまり気にしないことにします。正直ショウナンパンドラのいない古馬戦線がさみしくなったので取り上げただけです。ごめんなさい。

 シンハライトもメジャーエンブレムもチェッキーノもいないとはオークス終了の時点で考えもしていませんでしたが, けがはどうしようもありません。また元気にターフを…と願うばかりです。

 前置きが長くなってしまいましたが, 具体的な予想に移りたいと思います。

◎ ビッシュ (前走紫苑S1着)
 月並みで申し訳ない気もするのですが, オークスや紫苑Sのような形の競馬ができるだろうし, 力量ならこの馬かジュエラーでしょう。混戦だといわれていますが, 上述の3頭が回避したことで連に絡む馬というのは絞られてしまったのかなと思います。懸念材料を挙げるのならば初の関西で長距離輸送がともなうとかそういったところでしょうか。

〇 ヴィブロス (前走紫苑S2着)
 休み明けの500万下を快勝して, 前走はキリシマオジョウに起因する不利をかなりまともに食らいながら2着に好走。春から一変したと捉えていいでしょう。本命でも面白いかなと思ったのですが, 不利がなかったとしてもビッシュに先着していたとはあまり思えないし, 実績ならさらに上位の馬もいるので対抗まで。

▲ パールコード (前走紫苑S5着)
 前走は2番人気の評価を受けるも不利を受けて伸びきれず。紫苑Sは叩きだったのだと個人的には思っていますし, 調教も動いているようなので上積みが十分に期待できる馬だと考えます。

△ ジュエラー, パーシーズベスト, フロンテアクイーン
 ジュエラーの評価を下げたのは前走のこともありますが, 今までの好走パターン(後方から最速の上がりで追い込んでくる)が秋華賞に全然向かないということ。前走はそれを見越しての競馬だったのでしょうが, どこまで修正できるのか, ぼくの中には疑問がどうしても残ってしまいました。地力はあるので印は回します。
 パーシーズベストは抽選(といっても4/5)上がりの馬。何か気づいたら買い目が紫苑S組ばかりで先述のジンクスが多少気になってしまいますが, いい脚をもっていると思います。ルメールJに乗り替わりで鞍上力もアップ。
 フロンテアクイーンは消去法です。正直にいうと5頭までしか印が回らなかったです。最後はクロコスミアと悩んだのですが, 前走のような競馬はそう簡単にはできないのかなと考えてフロンテアクイーンとしました。

 外枠は厳しいのではないかという話をしましたが複勝圏になら過去にもそれなりに来ているので, ダイワドレッサーとか面白いのかなあとか考えています。ポジショニングができるか否かにかなり左右されてしまいますが。あと気になるのは鹿戸厩舎の3頭出しくらいでしょうか。

 それではほかの会員の予想でこの記事を締めることにしましょう。

秋華賞2016

 パーシーズベストから放たれる4の波動, みなさんは感じ取ることができたでしょうか。それでは。
スポンサーサイト

 

2016/10/16 予想 C0 T0  

Comment

 
HN   title  

URL  pass