京都大学競馬研究会 kyoto-univ keiba institute Entry 129

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

--/--/-- スポンサー広告  

第36回ジャパンカップ

 こんにちは。目下GⅠ6連敗中の三回生、池田です。
 今回は僕の一番好きな現役馬・ゴールドアクターくん出走ということで予想にも気合が入っています。ゴールドアクターくんには本当に頑張ってもらいたいところですし、僕としてもそろそろ当てたい…ということで予想。

展開はふたつ考えていて、
① キタサンブラックがすんなりハナを切ってスローペース。瞬発力勝負の前走や産経大阪杯で勝ち負けをできたキタサンブラックが馬券圏内に残る。
② キタサンブラックに、たとえばもうなす術のないワンアンドオンリー(田辺騎手)がつっかかってペースが流れるパターン。ワンアンドオンリーはつぶれるだろうが、宝塚記念でハイペースの逃げからあわやの3着と力を示したキタサンブラックは根性で馬券圏内に残る。

これを踏まえて、

◎ キタサンブラック
 複系馬券の軸にするならどうしてもこの馬になると思います。強いうえにどんな展開でも馬券になっているというのだから非常に買いやすいでしょう。
 ただ、今回は不安材料が。まず、11/26のレースを見る限り馬場のやや外目が伸びていて、逃げを打って内をとるのであれば長い直線であっさり差される可能性が否めない点。直線に入る際に、例えば26日最終Rのアッラサルーテのような位置を走れればよいのですが…次に、状態の良くなかったらしいダービーはひとまず置いておくにしても重賞での左回り実績がない(というかダービー以外に重賞出走すらない)という事実が一応ある点。最後に、そもそも逃げ切りがほとんど決まっていない点。ジャパンカップであれば現在のコースになってから逃げきったのはタップダンスシチー(2003年)だけ。
 しかし宝塚記念は強かった、強すぎたと思います。

〇 ゴールドアクター
 もうすこし馬場が渋るのではないか?と考えていたのですが…どうも明日も雨はふらなさそう。「速すぎないペースで上がりがそこそこかかるレース」で好走するイメージは中山巧者のイメージとも重なりますが、ジャパンカップって前半1000mを1分ちょうどからそれよりすこし速いくらいで走って、上がりは34~35秒かかるレースが続いていて、これはチャンスあるのでは?アルゼンチン共和国杯もその前の準OPも東京ですから左回りは問題なし。距離も2500m前後ベストでしょうからこれもOK。枠も完璧に近いので直線でキタサンの外に並びかけていいところを通れるのでは?調教もだいぶ良好で、状態はよさそうです。

▲ フェイムゲーム
 東京実績は十分。ヨーイドン!に近くなるなら後方一気も届く可能性。虚勢放牧明けの前走もそこまで状態がダメだったわけではなさそうでしたが、やはり去勢後は2戦目がねらい目。人気も落としている。おいしい馬となるとこの子になるのかなと考えます。降水確率は40%との予報ですが、もし馬場が重くなるのならそれもプラスに作用するでしょう。

△ シュヴァルグラン、ディーマジェスティ、リアルスティール
 シュヴァルグランは前走のような瞬発力勝負OKで、ペースが流れるなら差してくることもできてそこそこ安定するイメージ。アルゼンチン共和国杯を勝ってますからすこし個人的な感情はありますが…
 ディーマジェスティは半分消去法。前走は何度見ても外をまわらされたことくらいしか思い当たらなくてちょっと疑問は残るのですが、斤量のアドバンテージもあります。
 リアルスティールは距離不安ですが、ムーア騎手の馬場読みは本当にうまいので、このメンバーなら届いてしまうような気がしなくもない。個人的には1800mベストだとおもうのでさすがに無理か?あまり購入額を大きくするつもりはなくて、それよりも少し広げて×:ビッシュ、イラプトまで入れてキタサンブラックだけを1列目に置いた三連複フォーメーションで勝負する予定です。

 ふつうに差し馬で決まってなーんにも当たらない可能性は否めないので馬連は少し買い目を工夫する予定です。

 最後に、ほかの会員の予想は以下の通り。

JC2016

フェイムゲーム、ゴールドアクター、シュヴァルグランに印を回さなかったのはそれぞれ4人だけ。アルゼンチンの力を評価していただけたようですね。それはともかく、キタサン本命なのホントにぼくだけなの?…
スポンサーサイト

 

2016/11/26 予想 C0 T0  

Comment

 
HN   title  

URL  pass
 
       

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。