京都大学競馬研究会 kyoto-univ keiba institute Entry 13

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

--/--/-- スポンサー広告  

スプリンターズS

お久しぶりです。会長の吉田です

いよいよ秋のG1戦線開幕ですね!

ということで初戦のスプリンターズSは私が予想したいと思います。



まず、中山1200mというコースは、とにかく先行馬、内を回った馬が有利なレース

ビックリするようなハイペースで飛ばしていった逃げ馬が残ってしまうこともしばしば・・・

ということは、先行し、4コーナーでのコーナーワークで
ある程度のリードを確保し逃げ粘りを図る馬、それは


◎パドトロワ


この馬はとにかくハイペースに強い
スピードの絶対値が問われた前々走のアイビスサマーダッシュでもこれは実証済
おそらく逃げられるであろう今回は中山コースの恩恵を受ける可能性大!

それに逃げるとこの馬はしぶとい
サンプルが少ないのでアレですがハナを切ったレースは全て勝利(3戦3勝)
このメンツならハナを切るでしょう。軸には最適かと思われる

不安要素は枠か。ハナを切れば間違いなく馬券に絡めるであろうだけにそこまでが心配


○カレンチャン

前走のセントウルS
4着に敗れはしたものの、大幅な体重増、マジンと作ったハイペース、斤量を踏まえるとこの馬が1番強かった
今でも身長が伸びているとの噂(信憑性は?)もありピークを過ぎたと見るのは早計か

▲リトルブリッジ

メンバーが揃ったイギリスでのキングズスタンドSは欧州の強豪を一蹴
雨も(おそらく)大歓迎で、上の2頭にどこまで迫れるか

△ラッキーナイン

この馬も雨は歓迎
安田記念から直行のこのローテは05年覇者のサイレントウィットネスと同じ。先輩に続けるか

△フィフスペトル

マイラーに見られがちだが、去年のレースでは不利を受けながらも6着と適性を示した
枠もほぼベストで1発があるならこの馬か



以上です。印をまとめると

◎パドトロワ
○カレンチャン
▲リトルブリッジ
△ラッキーナイン
△フィフスペトル

です。
キャプテンオブヴィアスが右回り初めてらしいのでカレンチャンが影響を受けないか心配な吉田でしたw


スポンサーサイト

 

2012/09/30 予想 C0 T0  

Comment

 
HN   title  

URL  pass
 
       

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。