京都大学競馬研究会 kyoto-univ keiba institute Entry 16

菊花賞

菊花賞で頭になるには
4角で2~4番手あたりからの粘り込みが王道である。
実際それ以外で1着になったのはディープインパクトとソングオブウインドだけなのだ

現在の京都競馬場の馬場状態もそこまで時計が出る状態ではないので
切れもしないがバテもしない「第2のビッグウィーク」探しが的中のカギとなる・・・?


◎タガノビッグバン

前走はあのビートブラックも勝ち上がってきた兵庫特別
そこで古馬相手に2番手追走から3馬身差の快勝。

母父には菊花賞で
父としてライスシャワー
母父としてフローテーション
を送り込んだリアルシャダイ
ということで血統的にも申し分なく

2走前に小倉2600mを使っているのにも
陣営の長距離への自信が伺える。

外枠は不安だがおそらくそこまでのハイペースにはならず
位置取りさえなんとかなればあっと驚く粘り込みが・・・?


○ユウキソルジャー

神戸新聞杯では先行勢総崩れの中唯一4着に粘った。

父トーセンダンスはダンスインザダークの弟
となればこの菊花賞で走らなければどこで走るという話である(ホントか?笑)

この馬も函館2600mで古馬相手に勝つなど
「是非ここで買ってください」と言わんばかりの戦績で
ビッグバン同様粘り込みに期待したいところ


▲ゴールドシップ

皐月賞1着、ダービーは5着ながらも上がり最速と
このメンバー中では圧倒的な実績を持つ本馬。

しかしこの一見有利に見える1枠は
ダッシュがつかないこの馬にとってマイナスに出る可能性もあり
4角であまりにも後ろだと前を行く馬を捉えきれずにゴール、という可能性も・・・

一方でスタート直後や3角で騎手が毎回手綱をしごくあのズブさは
ステイヤーに見えなくもなく
3角から進出、4角で先行集団を捉えて
後続を突き放して圧勝・・・なんてことも有り得る?

とにかく1着~着外まで有り得る馬でオッズほどの信頼は置けない馬だと考える。


△スカイディグニティ

とにかく前走の内容が良かった
スローペースの中で1頭だけ後ろから追い込んできて
フェノーメノを追い詰めたのは力の証

叩いて良化するタイプで上積みが見込めそうな今回は上位争い必至



以上です。

とある血統派のメンバーは
ビービージャパンをやたら推してましたが
果たしてその結末やいかに・・・!?



スポンサーサイト

 

2012/10/20 予想 C0 T0  

Comment

 
HN   title  

URL  pass