京都大学競馬研究会 kyoto-univ keiba institute Entry 18

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

--/--/-- スポンサー広告  

アルゼンチン共和国杯

今週はアルゼンチン共和国杯が行われます

その舞台である東京芝2500mというコースは2400mから100m延びただけでかなり変わります

道中あまり弛むことなく進み直線では2400mよりも上がりが掛かるタフな流れとなり直線バテずに走りきる持続力と底力が必要となりハイレベルなレースになります

実際、過去の上位馬達を見てみるとトーセンジョーダン、ジャガーメイル、スクリーンヒーロー、アーネストリー、アドマイヤジュピタなどここで好走した馬達はその後G1で活躍しています

今年も出世レースとなるのでしょうか…?

◎ギュスターヴクライ

この馬の過去のレースを見ていると切れで勝負というよりタフな流れでこその馬だと思っているのでこの舞台はピッタリ

近走では天春以外馬券内という安定している点も魅力的

○マイネルマーク

個人的にはこの馬に一番期待している

前走は1,2F目を除くと最も遅いラップが12.3で
最も速いラップが11.9と1000万クラスの東京芝2400では珍しい一貫ラップとなっていて
今回求められる能力が必要な展開となっており斤量、人気的にも狙いたい

▲ルルーシュ

このレースは比較的前有利で逃げ馬不在でより前有利になりそうで

この馬は前目にいてどんな展開でも差してくるので頭まであるかも

△ムスカテール

3勝全て2200m以上でこの距離でも期待できる

G2では微妙な気がしますが
前目にいて長くいい脚を使えるのが魅力的
2,3着なら十分あり得る

△トウカイパラダイス

目黒記念2着馬でこのコースの実績も十分

1着のイメージが湧かないが前有利な展開になると読んでいるのでしぶとく粘って残りそう

☆メーヴェ

1400から2600まで好走していて脚質は異なるがルルーシュと被るイメージがある

ルルーシュを狙うなら似たような馬も押さえておきたい 斤量も52で一発あるか…?


以上です。

オウケンブルースリは届かないと予想しましたが、
お金に余裕があるのなら押さえてもいいかもしれません笑


スポンサーサイト

 

2012/11/03 予想 C0 T0  

Comment

 
HN   title  

URL  pass
 
       

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。