京都大学競馬研究会 kyoto-univ keiba institute Entry 28

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

--/--/-- スポンサー広告  

皐月賞

今回は2回生の山口がブログを書かせて頂きます!

先週は新歓も兼ねて桜花賞観戦&飲み会を行いました!新入生も3人来てくれてとても盛り上がりました(^-^)

マイラーズC、天皇賞春の観戦には新たな新入生が来てくれるらしいので楽しみです!

さて、今週は牡馬クラシック第1弾皐月賞

毎年展開、ラップがバラバラで様々なレース内容となっているが平均ラップが刻まれることが多く中身の濃い、ハイレベルなレースになることが多い

『最も速い馬が勝つ』とされる皐月賞の舞台ではスピードはもちろん機動力、持続力そして中盤が早ければスタミナも必要で総合力が求められる

そこで本命は出走メンバーの中で一番総合力が高いロゴタイプ

ベゴニア賞での瞬発力、朝日杯でコディーノを退けたスピード、そして機動力と底力を見せた前走スプリングSは、中盤が締まった流れで前の馬には厳しい展開。3角でペースダウンしたが4角で前列に並びかけると、直線序盤に先頭に立ち、タマモベストプレイらを寄せ付けずに完封した。
課題は2000mだが問題無いだろう。

対抗はカミノタサハラ

今年の弥生賞は例年とは違う流れのロンスパ戦でラスト1Fが落ち込む厳しい流れ
中団から捲って来てしぶとく長くいい脚を使い2強を一蹴 さらにレベルの上がる皐月賞はプラスな気がするが、
ポジショニング、自ら勝ちに行ける競馬ができるかどうかがカギとなる。

エピファネイアは要所での反応がすばらしく恐らくトップスピードは同世代で一番
しかし、前走のようにロンスパ戦になると分が悪く展開、仕掛け所と終始厳しいペースになった時にあの脚が使えるかどうか

あとは前走仕上げ?で折り合いに専念したコディーノの巻き返し

ポジショニングは悪いがペースアップ+距離延長で期待のフェイムゲーム

巧く立ち回り嵌まった感があるが厳しい流れ向きのミヤジタイガ

前走は鞍上があれだったので惨敗したが能力は高いメイケイペガスター

この辺りを狙いたい
印をまとめると、
◎ロゴタイプ
○カミノタサハラ
▲エピファネイア
△コディーノ
△フェイムゲーム
△ミヤジタイガ
☆メイケイペガスター

スポンサーサイト

 

2013/04/14 予想 C0 T0  

Comment

 
HN   title  

URL  pass
 
       

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。