京都大学競馬研究会 kyoto-univ keiba institute Entry 5

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

--/--/-- スポンサー広告  

小倉記念


このレースは本当に難解で当たる気がしないんですが・・・
まあみていきましょう

過去のラップです

2011年:11.8 - 10.7 - 10.8 - 12.0 - 11.8 - 11.8 - 12.0 - 12.0 - 11.8 - 12.6
2010年:12.1 - 10.9 - 11.3 - 12.3 - 12.0 - 12.0 - 12.1 - 11.5 - 11.6 - 12.1
2009年:12.2 - 10.9 - 11.6 - 12.4 - 12.1 - 11.6 - 11.7 - 11.6 - 11.8 - 12.4
2008年:12.4 - 11.2 - 11.2 - 12.6 - 11.9 - 11.8 - 11.8 - 11.5 - 11.6 - 11.9
2007年:12.4 - 11.2 - 11.3 - 12.6 - 12.1 - 12.0 - 11.8 - 11.6 - 11.6 - 12.1

特徴は3F目が速いという点とその後段々速くなっていくか一貫した流れとなっています
この流れは逃げ・先行勢にとってきつい流れです
過去をみても差し・追い込みが多いです

このレースで求められるのは持続力だと思います
早めに上がっていけて長くいい脚が使える馬です

では今回の展開を考えましょう
少頭数ですが最内に入った斤量48キロのセイカアレグロ、逃げて結果を出してるミキノバンジョー、さらにはエーシンジーラインもいます

軽斤量のセイカアレグロがハナを切ると思われます
その後2.3番手にエーシンジーライン、ミキノバンジョー 
その後ろにタムロスカイでしょうか

結構縦長で消耗度の激しいレースになると想定し印を打ちます

後ろからになってしまうんですが勝ちきるのはこの馬くらいしかイメージできないので本命はトーセンラー
前走の七夕賞では後方から素晴らしい脚をみせてくれました
前がバテる中差し切ってくれるでしょう

エクスペディションもいいと思うんですがクラス上がってから位置取りが後ろなのが気になるんで無印

ということで
◎ トーセンラー
○ ダノンバラード
▲ ゲシュタルト
△ タムロスカイ
△ アスカクリチャン
☆ ニシノメイゲツ


山口












スポンサーサイト

 

2012/08/04 予想 C0 T0  

Comment

 
HN   title  

URL  pass
 
       

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。