京都大学競馬研究会 kyoto-univ keiba institute Entry 53

阪神JF

こんばんわ、2回の森山です。



先週のジャパンカップダートでは関東・関西インカレが行われました。
関東のインカレ競馬サークル・うまカレさんが砂の王者決定戦を
生でみようと関西までいらしてくれました!



前日の土曜日は京都大学、立命館大学、関西学院大学の3大学も
うまカレさんが毎週Ustreamにて配信されている『うまゼミ』に参加させていただきました。



私は予想が全く当たらないのでカメラマンとして
このゼミに参加したのですが現場もいい雰囲気で勉強になったのと同時に楽しかったです。



当日はレース観戦に加え予想大会、
レース後は梅田にて飲み会が開かれ雑談やクイズ大会などで盛り上がりました。
関東と関西、少し距離は離れていますがこれからもこうして交流を続けていけるといいですね!




さて、今週は史上最高レベルともいわれる
2歳牝馬決定戦の阪神JFが行われます。
来年のクラシック戦線はもちろん、POGをやられている方には
その勝敗を大きく左右する一戦となるのではないでしょうか。



やはり人気の中心は新潟2歳Sを最後方から
上がり3Fを32.5の脚で差し切ったハープスターでしょう。



他には無傷の3連勝&重賞2連勝で牡馬相手にも結果を残しているホウライアキコ
3年前のこのレースを圧倒的な強さで勝利をおさめたレーヴディソールを半姉にもつ良血レーヴデトワール
前走かなりの道悪馬場を小柄な馬体ながら力強い走りで
重賞タイトルを手にしたレッドリヴェールといったところでしょうか...。



ひとまず、京大競馬研のメンバーの印をみてみましょうか...。




阪神JF



印をみるとかなり散らばっていますね。


ハープスターは能力が高いのは間違えないけど
エンジンのかかりが遅く気性にも問題がありそう。
馬体もまだ緩さがあって抑えまで、といった意見が多いよう。



一方でこんな声も...




は○し『クリスマスって何月にあるのか、お前ら知らないのかよ。12番枠やぞ。これは堅い、うん。。。』




一同『・・・』




いいクリスマスになるといいですね(笑)



以下、僕の見解です。

◎ ホウライアキコ
大外枠はマイナスだが自在性があってハナにはこだわらない。すっと好位につければ問題ない。デ杯2歳Sでは開幕週が見方にしたとはいえ来週の朝日杯FSでも人気を背負うであろうアトムの追撃をシャットアウトする強い内容。阪神替わりで坂も未経験な点は不安ではあるがこの時点での完成度の高さでは2歳女王最右翼か。



○ フォーエバーモア
2戦2勝だがまだ世代トップクラスの馬と戦っていない点は気がかり。が、レース内容からまだこの馬も底をみせていないように感じた。初の右回りも課題だが好枠とどこからでも競馬ができるという強みをいかしてどれだけこの相手とやれるか。



▲ ダイヤモンドハイ
新馬戦はレーヴデトワールに食らいつくもハナ差かわされ2着。この時点では着差以上にレーヴとの差を感じたが自身の持ち味は示した。3戦目で勝ち上がって抽選で出走してきた身であり、少し厳しい枠に入ったかなというのが正直な印象だが、使われて好位からの競馬が板についてきた今なら新馬戦での差も逆転があっても。切れ味勝負だと分が悪そうだしあくまで穴として推したい1頭。
 

△には人気の3頭ですね。
レーヴデトワールは萩Sで折り合わず惨敗したように気性に問題面が。そこで最内枠に入ったのはマイナス。白菊賞からの中1週のローテも厳しい。血統の力でどこまで。
ハープスターも遊びながら走っていたとのように鞍上との折り合いはポイントになりそう。3か月半の休み明けなのも踏まえとおそらく断然人気になるであろうことも踏まえて△としましたが、能力だけであっさり勝たれても...。
レッドリヴェールも札幌2歳S以来の実戦となります。本調子には今一歩といった印象を受けました。また前走牡馬相手に勝利をおさめたとはいえこのときの馬場は超といっていいほどの極悪馬場。ここでの結果は評価に繋げるにくく、新馬戦も5頭だて、と正直力関係がわかりづらいといったところ。とはいえあの馬場で勝ちきるスタミナと勝負根性は認め△。


以上です。ここ最近全然馬券が当たっていないので
ここを当てて暮れの有馬へはずみをつけたいですね。


それではこの辺で失礼します。






スポンサーサイト

 

2013/12/07 未分類 C0 T0  

Comment

 
HN   title  

URL  pass