京都大学競馬研究会 kyoto-univ keiba institute Entry 57

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

--/--/-- スポンサー広告  

日経新春杯 予想

あけましておめでとうございます
記事を書くのは2度目の一回生の藤原と申します
今年もよろしくお願いします!

昨年末の有馬記念はオルフェーヴル引退レースということで非常に盛り上がりましたが、私も観戦に行かせて頂きました!
結果はオルフェーヴルが8馬身差の歴史的圧勝で、それを生で見れたのは貴重なことだと思います
本当に感動しました!
もうターフで見ることは出来ませんが、産駒のデビューを心待ちにしています

観戦に際してうまカレさんには非常にお世話になりましたのでこの場を借りてお礼を言わせて頂きます
ありがとうございました!!!



さてそれでは今年最初のGⅡ日経新春杯の予想に移りましょう



◎コウエイオトメ
前走愛知杯は14着と大敗したものの、京都2400のコース成績は1-2-0-0で連対率100%
特に前々走の比叡Sはスローの流れの中で、後方から上がり33.6で差し切り勝ちという強い内容
また、この比叡Sは出走馬の質に関しても、G1で上位入着している実績馬が多く揃ったハイレベルなメンバーでした
52キロと斤量にも恵まれているので条件変わりで大幅に良化するのではないでしょうか



○アドマイヤフライト
日経賞6着後、今年の春は調子を落としていましたが、前走は休養を挟んでトップハンデをものともせず快勝
前走はプラス18キロでの出走だったので、休み明け2戦目では馬体が絞れてさらに上積みが期待できます
上がりのかかる展開は苦手にしているようですが、これといった逃げ馬がおらず先行馬も少なめなのでスローペースになる(はず)ということで展開も向きそうです


▲ステラウインド
凱旋門賞に挑戦したキズナの帯同馬として有名?ですが、この馬自身の実力も相当なものです
フランスへの遠征前は1000万条件を連勝しており、前走は海外帰りにも関わらずいきなり準オープンで2着
この頃の中山の馬場は差し馬有利だっただけに、道中3番手からの2着という内容は高く評価できます
ただ、国内での輸送競馬はキャリアを通じて初めてなので、馬体重の増減には注意したほうがよさそうです



△サトノノブレス
神戸新聞杯3着、菊花賞2着と実績は申し分なく、鞍上は昨年末の来日以来絶好調のルメール騎手ですが、最後の勝ち鞍は昨年同時期のつばき賞にまで遡るので△止まり
古馬との対戦となった昨年8月の信濃川特別で勝ち損ねているのも気がかりです


△フーラブライド
前走愛知杯は12番人気での勝利でしたが、前々走では京都2400という同条件のレースを制しているのでここでは有力候補の一頭だと思います
重賞馬でありながら斤量が52キロ止まりというのも魅力的です


△サフランディライト
前走は展開に恵まれての2着でしたが、今回もスローペースが期待できるので再び好走する可能性は十分にあります
休み明け2走目は3戦2勝と得意にしているのも評価できます




逃げ馬がおらず、先行馬が少なめということで、その中でも先行力のある馬を高く評価しました
私にとってはこれが今年最初の記事なので、なんとか予想を的中させて勢いをつけていきたいところです
それでは失礼します!



スポンサーサイト

 

2014/01/19 予想 C0 T1  

Comment

 
HN   title  

URL  pass
 

T.B.  http://kyodaikeibaken.blog.fc2.com/tb.php/57-35c8b7cd

日経新春杯【C】 今週の重賞情報速報 - umapi[ウマピ]~競馬予想~ 2014/01/19

日経新春杯【C】◎ステラウインド…

       

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。