京都大学競馬研究会 kyoto-univ keiba institute Entry 59

ロードカナロア年度代表馬記念パーティー

1月26日、私4回生吉田と同じく4回の堀内の2人で
ロードサラブレッドオーナーズさん主催の
ロードカナロア 年度代表馬 受賞記念祝賀会
にお邪魔してきました!

他にも行きたいという2回生の部員がいたのですが、2人までしか行けないということでその部員は参加を自重する羽目に。まったくしょうがない老害ですね。

ロードカナロアに出資されている方の同伴という形で参加させていただき、安田隆行調教師や岩田騎手ともお話することができました。

特に印象に残っているのは岩田騎手の「オンとオフの切り替えがとても上手い」というのと、安田翔伍調教助手(安田隆行調教師の次男)の「この馬で結果を出さなければダメだと思ってずっとやってきた」という言葉でした。特に後者はなんでもないコメントのように見えて、デビュー前から未だかつてない素質の違いを感じていたのと同時に常に失敗が許されないプレッシャーの中でお仕事をされているのだというプロ意識を感じました。



そんな祝賀会の様子はこちら


http://blog-imgs-47.fc2.com/k/y/o/kyodaikeibaken/IMG_8134.jpg

http://blog-imgs-47.fc2.com/k/y/o/kyodaikeibaken/IMG_9763.jpg

http://blog-imgs-47.fc2.com/k/y/o/kyodaikeibaken/IMG_6001.jpg



安田調教師、岩田騎手のインタビューや、チャリティーオークション、全員での写真撮影などといった内容でしたが

一番の盛り上がりを見せたのは司会の小林アナが香港スプリントの映像と共に生実況をする一幕で、「過去最長のロ~~ドカナロアが聞けることでしょう」というロード職員さんの煽りを受けた小林アナが
期待通りどころかその斜め上を行く「これが世界の、ロォ~~~~~~ォォォォォドカナルロアァ!!!」を披露してくださったところですかね(笑)

そしてやはり一口でカナロアに出資できる財力のある方は違います。オークションでの値段の上がり方が段違いで
我々貧乏学生はビュッフェで出された白ワインとビールとフォアグラらしきものを貪ることしか出来ませんでした。。

「これフォアグラ?」モグモグ
「そうかも知れんけどそもそもフォアグラ食ったことないから分からん」ムシャムシャ





・・・そのことも含めて今回はとても勉強になりましたし(笑)、今後一口をやる機会があれば参考になるような貴重な体験をさせていただきました。この場を借りまして御礼申し上げますm(_ _)m





以上、白富士ステークスのメンツに今からワクワクが止まらないもののよくよく見てみると難解で頭を抱えている吉田でした
スポンサーサイト

 

2014/01/28 未分類 C0 T0  

Comment

 
HN   title  

URL  pass