京都大学競馬研究会 kyoto-univ keiba institute Entry 72

オークス予想

こんばんは、二回生の渡です。
来週のダービーで昨年度のPOGも終了し新年度が始まりますね。わが京大競馬研でもオークスの日にドラフトがあります。

昨年度のPOGは今週のオークスとダービーが総決算なわけですが、僕はダービーは見学が決定しているのでオークスで最後です。
しかしオークスは幸運なことに二頭出し。なのでぜひその二頭には頑張ってお金を運んで来て欲しいです!!

ということで私情が入りまくりなわけですが(笑)予想に入りましょう!!!

オークス予想

◎ハープスター
この馬に関してはもはや説明は必要ないでしょう。能力が抜けているのは明らかで、ただ一頭先着を許したライバル、レッドリヴェールがいないこの舞台では敵なし。
距離や内前残りの馬場で最後方から大外一気の脚質が不安視されているが、2400mを走ったことがないのは皆同じで、府中2400mはスタミナが必要とされるコースではないこと、土曜のレースでは外差しも届いていたことから逆らわないほうが賢明。
脚質について補足すれば負けたJFは馬群の中からハナ差届かず勝ったレースはすべて大外一気。おそらく最後方待機がもっともパフォーマンスを発揮できるはず。祖母ベガも二冠を達成したここを勝って凱旋門に臨みたい。


○サングレアル
ハープスターと同じ松田博厩舎。前哨戦であるフローラSからオークスに参戦するわけだが昨年はフローラS組のエバーブロッサム2、3着と好走。オークスは桜花賞組以外ではフローラS1、2着馬が過去10年で7回複勝圏内と好走している。
姉はオークスも勝った名牝ブエナビスタ。前走は体重414Kgと小柄で体質が弱いのかキャリアは3戦と少ないが素質はハープスターと遜色ない。姉も勝ったこの舞台でGⅠ制覇なるか。鞍上も岩田騎手から戸崎騎手へ。ハープスター最大のライバル、レッドリヴェールの主戦だっただけにこの乗り替わりはアツい。
姉がブエナで父がロブロイということは半分ペルーサで半分ブエナなんだから府中2400mなら最強

▲ブランネージュ
同じくフローラS二着馬。サングレアルとは違いフローラSでは先行し粘って2着と内容はよかった。先週までの前残り馬場ならチャンスはある。

△フォーエバーモア
桜花賞では結構負けているがそれまでの戦績は重賞勝ちなど他の出走馬よりも格上。関東馬だし輸送が楽な今回は持ち直すか。

△マジックタイム
 前走のフローラSでは圧倒的一番人気を背負いながら着外だったが急な乗り替わりだったのであまり参考にはならないか。ただただ鞍上横山典弘が怖い。

△パシフィックギャル
 新馬戦からOP重賞を問わずずっと複勝圏内と好走し続けている。こういう馬好きです。


予想は以上ですが▲以下の理由が少ないことはご容赦ください。POG二頭出しサングレアル(ドラ1)とハープスター(ドラ3)の能力が抜けていると思っているのでちょっと親バカすぎかな?

もしこの二頭が勝たなければ競馬研の伝統わさび一気するので赦してください。

さて他のメンバーの印を見てみると本命こそハープスターが多いようですが対抗以下は結構ばらけてますね。
オークス


歴代最強レベルの末脚をハープスターが見せてくれることに期待しましょう!!!
それでは。


スポンサーサイト

 

2014/05/24 予想 C0 T0  

Comment

 
HN   title  

URL  pass