京都大学競馬研究会 kyoto-univ keiba institute Entry 83

第75回菊花賞

お久しぶりです。2回の数村です。馬券の調子がとても悪いです。夏の時期は単勝25000円一点買いが成功したり札幌2歳Sで三連複当てたりしてホクホクしてたのですがそれ以降2ヶ月近く勝った週は無く金を溶かし続けています。夏の儲けはとうに消え銀行口座はスッカラカン。今週こそは1円でもプラスで競馬場を後にしたいです。

僕は春の時点で菊花賞馬はファーガソンだと思っていましたが出馬表に名前がありませんね。ファーガソンは勝った未勝利戦くらいしかまともなレースしてないので追いかける価値はあると思います。長らく放牧されていますが。僕が入れ込んでいるシンガンも長らく放牧されていますね。どちらも復帰戦が楽しみです。

では菊花賞の予想をしたいと思います。

◎トーホウジャッカル(芝5戦中上がり最速3回、上がり3位内率100%)
初戦は最後方を散歩してただけなので度外視。4角で落馬がありその不利も受けたのでは。玄海特別では後方から大外捲りをキメてたら道中で内に居た馬に出し抜かれるというしょうがない2着。神戸新聞杯では直線でサウンズオブアースに前をカットされて大外に持ち出すも間に合わずという残念な3着。不利が無ければ突き抜けていたはず。

○ワンアンドオンリー(10戦中上がり最速2回、上がり3位内率90%)
脚を余しまくっている馬だったがダービーでは前につけてイスラボニータに勝つし神戸新聞杯では4角で自分から動いていってサトノアラジンを潰し、後から来たサウンズオブアースにも競り勝つし進化している。

▲ワールドインパクト(8戦中上がり最速2回、上がり3位内率63%)
大寒桜賞での上がり最速34秒6で大外一気の勝ち方が鮮やか。2着のハギノハイブリッドは上がりも35秒3で2位だったので上がり差が0秒7もつくという良いパフォーマンスであった。

△ショウナンラグーン(9戦中上がり最速4回、上がり3位内率78%)
脚を余すことに定評のある馬。削りあいになりがちな菊花賞ではその末脚を出し切れるか。

△タガノグランパ(9戦中上がり最速4回、上がり3位内率56%)
ラジオNIKKEI杯2歳Sで馬場の悪い内ラチ沿いを上がり最速で駆け抜ける。ダービーでは不利の外目を走りながら4着に残ったりセントライト記念もなかなか内に入れないでも直線ではしっかり差してきている。

△ハギノハイブリッド(11戦中上がり最速5回、上がり3位内率64%)
福寿草特別で社台のトップクラス(当時)を差しきる。削りあいになった京都新聞杯を完勝したのが素晴らしい(奇しくも京都新聞杯での上がり最速は社台のトップクラス(当時))。


ここで皆さんの印を見てみましょう

菊花賞

トゥザワールドが全然人気してませんね。押さえといたほうが良いかもしれません



それでは!
スポンサーサイト

 

2014/10/25 予想 C0 T1  

Comment

 
HN   title  

URL  pass
 

T.B.  http://kyodaikeibaken.blog.fc2.com/tb.php/83-d47bd8e2

京都大学競馬研究会 kyoto-univ keiba institute 第75回菊花賞 今週の重賞情報速報 - umapi[ウマピ]~競馬予想~ 2014/10/26

第75回菊花賞. お久しぶりです。2回の数村です。馬券の調子がとても悪いです。夏の時期は単勝25000円一点買いが成功したり札幌2歳Sで三連複当てたりしてホクホクしてたのですがそれ以降2ヶ月近く勝った…