京都大学競馬研究会 kyoto-univ keiba institute Entry 97

ヴィクトリアマイル 予想

こんばんは。4回の林です。よろしくお願いします。
春の6連続G1も3週目ということで今週はヴィクトリアマイル。今年で10回目とまだまだ歴史は浅いですがウオッカの7馬身差圧勝やブエナビスタとアパパネの名牝対決、牝馬三冠すべてでジェンティルドンナの2着に泣いたヴィルシーナの連覇など毎年見ごたえのあるレースが繰り広げられています。今年もそのようなレースを期待したいですね。

そのヴィクトリアマイルの傾向ですが、内前有利という傾向が強いです。内枠や前目で競馬をした人気薄の馬の好走が目立つ一方で人気馬でも外枠の馬や追い込み馬などは苦戦を強いられています。外から追い込んできたブエナビスタとアパパネが内で粘るレディアルバローザをゴール直前でかろうじて差し切った2011年のレースを思い出すといかに追い込み・外枠が厳しいかわかります。今年も内前有利の傾向が続くという想定で予想していきたいと思います。

◎ストレイトガール
大外で出負けしてしまい、結局前々で決まった前走は度外視。昨年は中断から脚を伸ばして3着。昨年より力が落ちている印象はなく今回も内枠ということで、持ち前のスピードで昨年よりもう少し前目で競馬ができれば。

〇ケイアイエレガント
昨年は外枠から先行し最後までよく粘って勝ち馬から0.3秒差の6着。昨年より枠が内になったことで距離ロスを減らすことができれば粘りが増して一発まであるのでは。

▲バウンスシャッセ
前走はしぶとく脚を伸ばして重賞初制覇。前目でいい脚が使えれば。

△ヌーヴォレコルト、タガノエトワール、カフェブリリアント
ヌーヴォレコルトの実績はメンバー中で断然。ただこの馬はオークス以降は常に内枠を引き当てており、内枠で距離ロスがほとんどなかったことがこの馬の実績に大いに影響を与えていると思います。実際直線で外に出した秋華賞ではショウナンパンドラの後塵を拝すなど距離ロスがあれば意外と脆い面もあります。内有利のヴィクトリアマイルで15番枠ということで今回は評価を下げてみました。タガノエトワールとカフェブリリアントは過去9年で3着以内率44.4%の1枠を評価しました。

予想は以上です。
ヴィクトリアマイルには京大競馬研OBマイケル・タバートさんの所有馬ハナズゴールも出走します。得意の良馬場でのレースとなりそうなので、人気薄ですが差しが決まる展開になれば十分勝ちきれる実力はあるので頑張ってほしいです。応援しています。

良いレースを期待したいですね。

最後に皆の予想を見てみましょう。2015vm.jpg

ハナズゴール無印でした。
スポンサーサイト

 

2015/05/16 予想 C0 T0  

Comment

 
HN   title  

URL  pass