京都大学競馬研究会 kyoto-univ keiba institute category1 予想

第68回 朝日杯フューチュリティステークス

 お久しぶりです、生活費の口座残高が現在-70000円の緋田です。競馬研究会に入って5年目の12月にしてようやくPATを導入、昨日は無事にPATでの初的中も果たしたのでこの調子で残高を800兆円にしたいですね!
 5回生ということで卒論も本当にヤバいですが、特に忙しいという訳ではなくただ何もしていないだけなのでブログを書く暇はあります!という訳で予想していきたいと思います。

 まず展開の肝になりそうなのは武豊騎手のタガノアシュラ、それから柴田大知騎手のトラストと言ったところでしょうか。この枠順だとトラストは序盤にスピードを出していかないとしょうがないのでそのままハナを切るのではないかと思いますが、あまり競り合いにはならずミドルペース位に収まるのではないでしょうか。

◎クリアザトラック
 1戦1勝ながら新馬戦は少し追っただけでラスト2Fが11.0-11.1でした。スローとはいえ最後には抑えてのタイムなのでかなりの瞬発力がありそうです。今回は好枠を引いた上、オーナー:金子真人ホールディングス、鞍上:M.デムーロ、所属:角居勝彦厩舎の競馬三重奏のおまけつきです。
 ちなみにクリアザトラックClear the Trackは「そこ退け道をあけよ」とのことで、兄弟はここまで地名にちなんだ名前を付けられていたのにここにきて「そこ退け道をあけよ」。オーナーは持ち馬が悉く詰まるなどのトラウマでもあったのでしょうか。綴り替えるとThe Car Tackler(車にタックルする人)。酔った時の僕か。

○トラスト
 前走はかかり通しでしたがブレスジャーニーから0.4差、今回はすんなりハナを切れそうで東京1800mよりは阪神1600mの方が適性もありそうです。
 トラストTrustの馬名意味は「信頼」。全然関係ないですがStrutは「もったいぶって歩く」という意味らしいです。普段の僕か。TrustをTrustしてStrutと行きましょう。

▲レッドアンシェル
 レッドアンシェルは冠名+空(フランス語)、大空を羽ばたくかのような走りを期待して。L'Arc〜en〜Cielのアンシェルです。赤い空、すなわち朝日のことですね。つまりは朝日杯馬です。

△ボンセルヴィーソ
 前走は展開がハマっただけだと思っていましたが見直してみたら思ったよりしっかり粘っていた気がしました。枠とオッズもよい。
 ボンセルヴィーソBom Serviçoは「いい仕事を(ポルトガル語)」。日常生活に取り入れていこうと思うのでよろしくお願いします。

△ミスエルテ
 ミスエルテMi Suerteは私の幸運(スペイン語)。未来を見据えてるミスエルテ(ウインズのおじさま方の間で800兆回は飛び交ったと思われます)。
 見据えた結果牡馬に交じっての方がやれると踏んだのか。でも1番人気単勝2.4倍(23時現在)はやりすぎ…。でも印は打ちます、大人なので…。
 前走は見事な大外一気でしたがハイペースに恵まれた一面もあると思うので純粋にこのくらいの評価で。

△アメリカズカップ
 アメリカズカップAmerica's Cupはセーリングのマッチレース名。綴り替えるとParcae Music、パルカイ(ローマ神話の運命の女神)の音楽です。誰でしょうか、そしてどんな音楽でしょうか。

あとはパワーがあって阪神が合いそうなダンビュライト、素質馬トリリオネアあたりも気になるところです。

最後に皆さんの印を、それではみなさんBom serviço!!!!

FS2016

 

2016/12/18 予想 C2 T0  

第68回阪神ジュベナイルフィリーズ

おはようございます。
阪神JFを担当します。M1の渋谷です。
このレース、スプリント戦と並んでJRAG1の中では最も売り上げの少ないレースであります。
当週にボーナス支給のある会社が多いことまで考えると圧倒的に不人気なG1と言ってもいいでしょう。

そんなレースの予想ブログを院生に書かせるなんて、教育が必要だと思いませんか?僕も有馬記念とか書きたいぞ(勝手に書け)


ところで馬の2歳は人間でいう12歳に相当するそうです。
2歳暮れということで15歳ぐらいでしょうか?
15歳の女の子が一生懸命走るというのは素晴らしい光景ですね。
僕も一緒に走れたらとても幸せだろうなと思います。



以下、予想。
僕の予想スタイルは丸乗りです。
Twitterで馬名を検索したり、信頼できる予想ブロガーの記事を読むなどして馬券を買っています!

阪神JFはハイペース差し競馬になることが多いです。
その理由は明らかな短距離馬が頑張るからです。
いますよね、赤坂5丁目ミニマラソンでいう団長。

しかし今年は少し毛色が違っており、
ショーウェイやアリンナなどハイペースに自信ネキも何頭か出走しています。

まぁどちらにせよハイペース寄りの想定でいいでしょう。
土曜の馬場はディープ産駒が(0-0-1-5)と苦戦しているようにタフ、
内外はどちらも伸びるが通っている馬の脚質から内がよく伸びるという印象を受けました。


◎リスグラシュー
強い。不利を受けにくい外枠。追い出し待てれば普通に単。

〇ディーパワンサ
シュミノー想定の時点では◎だった馬。
最内枠シュタルケとレース前からかなりの負荷をかけられるこの感じ。辛い。
とにかく使える脚が長いのでシュタルケらしく強気に乗ってくれればいいよ(何様)
京都より阪神は間違いないし、他の馬がバテるような展開になれば突き抜けると思ってます。

▲ジューヌエコール
この馬は逆にせこく乗らないとダメ。
強いけどバルザローナとは手が合わなさそうで▲。
タフな馬場もそんなに良くはなさそうで▲。

△ジャストザマリン
新馬戦見てもらえればわかると思います(適当)
大型馬の叩き2。なおまだ緩い模様。
馬場も今の阪神に近い感じ。

△シグルーン
ダービー馬カデナに勝ってます。

△レーヌミノル
控えるみたいなので一応。

それではみんなの予想を見てみましょう。

ソウルスターリング切り切りの切りですね、ぐうわかる。

中山に南関の騎手が何人か来ていて、そっちも楽しみです。
カペラS、地方感あるレースになってくれたら全部差せって叫びたい。

他の人たちの予想です。
阪神JF

 

2016/12/10 予想 C0 T0  

チャンピオンズカップ

はじめまして。一回生の今村です。初めて書かせてもらいます。よろしくお願いします。

では、予想に入ります。

◎コパノリッキー
出遅れた二年前のチャンピオンズCと内枠で揉まれたフェブラリーSを除けば、四歳以降、崩れたのはいずれも上がりのかかるレースでのもの。それ以外のレースでは古馬になってからオール連対。昨年は外国人ジョッキーに絡まれ不得手なペースになってしまったので仕方ない。今年に入って、控えた競馬でのパフォーマンスが高くなり、今回は外枠にも入った。モンドクラッセ、アスカノロマンを行かせて外の3番手が取れれば、自分で得意なペースにコントロールできる可能性が高い。前走はレース上がり38.8でこの馬の良さが活きなかった。巻き返し可能。

○アウォーディー
ダートに変わって6連勝。強いのは認めるが、一つ気になるのは、一線級を負かした舞台が地方であること。姉のアムールブリエも地方で重賞を5勝しているが、平安Sでは見せ場もなく惨敗。弟のラニも中央のレースではスピードが足りない印象。中央のG1で地方と同じパフォーマンスができるかは疑問が残る。

▲ラニ
この馬が来るとしたら
①昨年のようなハイペースになって皆がバテたところを追い込んでくる
②反応が良くなって向こう正面で捲ってスタミナ比べに持ち込む
のどちらか。
昨年ペースが速くなったのは特殊なので①は期待薄だが、今回初ブリンカー着用で②は有り得る。まだ見せていない能力を隠し持っていそう。

△ゴールドドリーム
レベルの高いユニコーンSの勝ち馬。負かしたグレンツェント、ピットボス、クインズサターン、イーグルフェザーは古馬に混じっても好勝負している。この馬自身まだ奥がありそう。最終追い切りは坂路で自己ベストを更新。

△ノンコノユメ
昨年のこのレース、展開は向いたが直線で内に進路を取ったことは正解だっただろうか?中央場所で唯一、三着以内を外したのが伏竜S。このレースでは馬群に突っ込むのを躊躇したことによって伸びを欠いたように映った。昨年の当レースは他馬を気にして、力を出し切っていなかったのではないか。実際、調教師もレース後なのに息が上がっていなかったとコメントを出していた記憶がある。力を出し切れば、昨年以上にやれると見ているが、去勢明け二戦目でどこまで状態が戻っているかがポイント。

消サウンドトゥルー
昨年のこのレースは展開も向き、コース取りも完璧だったが三着。今年は昨年の勢いもない。

消アポロケンタッキー
前走は中一週にもかかわらず坂路で自己ベストを更新するほど仕上がりが良かった。騎乗もこの馬の長所であるスタミナを活かしたすばらしいものだった。前回、全てが上手くいった印象で今回は上積みが見込めない。適距離も本当はもっと長い距離。

消アスカノロマン
前走負けすぎ。

消モーニン
力のいる馬場は合わない。

最後に他のメンバーの予想を見てみましょう。

CC2016

かなりばらけていますね。

 

2016/12/03 予想 C1 T0  

第36回ジャパンカップ

 こんにちは。目下GⅠ6連敗中の三回生、池田です。
 今回は僕の一番好きな現役馬・ゴールドアクターくん出走ということで予想にも気合が入っています。ゴールドアクターくんには本当に頑張ってもらいたいところですし、僕としてもそろそろ当てたい…ということで予想。

展開はふたつ考えていて、
① キタサンブラックがすんなりハナを切ってスローペース。瞬発力勝負の前走や産経大阪杯で勝ち負けをできたキタサンブラックが馬券圏内に残る。
② キタサンブラックに、たとえばもうなす術のないワンアンドオンリー(田辺騎手)がつっかかってペースが流れるパターン。ワンアンドオンリーはつぶれるだろうが、宝塚記念でハイペースの逃げからあわやの3着と力を示したキタサンブラックは根性で馬券圏内に残る。

これを踏まえて、

◎ キタサンブラック
 複系馬券の軸にするならどうしてもこの馬になると思います。強いうえにどんな展開でも馬券になっているというのだから非常に買いやすいでしょう。
 ただ、今回は不安材料が。まず、11/26のレースを見る限り馬場のやや外目が伸びていて、逃げを打って内をとるのであれば長い直線であっさり差される可能性が否めない点。直線に入る際に、例えば26日最終Rのアッラサルーテのような位置を走れればよいのですが…次に、状態の良くなかったらしいダービーはひとまず置いておくにしても重賞での左回り実績がない(というかダービー以外に重賞出走すらない)という事実が一応ある点。最後に、そもそも逃げ切りがほとんど決まっていない点。ジャパンカップであれば現在のコースになってから逃げきったのはタップダンスシチー(2003年)だけ。
 しかし宝塚記念は強かった、強すぎたと思います。

〇 ゴールドアクター
 もうすこし馬場が渋るのではないか?と考えていたのですが…どうも明日も雨はふらなさそう。「速すぎないペースで上がりがそこそこかかるレース」で好走するイメージは中山巧者のイメージとも重なりますが、ジャパンカップって前半1000mを1分ちょうどからそれよりすこし速いくらいで走って、上がりは34~35秒かかるレースが続いていて、これはチャンスあるのでは?アルゼンチン共和国杯もその前の準OPも東京ですから左回りは問題なし。距離も2500m前後ベストでしょうからこれもOK。枠も完璧に近いので直線でキタサンの外に並びかけていいところを通れるのでは?調教もだいぶ良好で、状態はよさそうです。

▲ フェイムゲーム
 東京実績は十分。ヨーイドン!に近くなるなら後方一気も届く可能性。虚勢放牧明けの前走もそこまで状態がダメだったわけではなさそうでしたが、やはり去勢後は2戦目がねらい目。人気も落としている。おいしい馬となるとこの子になるのかなと考えます。降水確率は40%との予報ですが、もし馬場が重くなるのならそれもプラスに作用するでしょう。

△ シュヴァルグラン、ディーマジェスティ、リアルスティール
 シュヴァルグランは前走のような瞬発力勝負OKで、ペースが流れるなら差してくることもできてそこそこ安定するイメージ。アルゼンチン共和国杯を勝ってますからすこし個人的な感情はありますが…
 ディーマジェスティは半分消去法。前走は何度見ても外をまわらされたことくらいしか思い当たらなくてちょっと疑問は残るのですが、斤量のアドバンテージもあります。
 リアルスティールは距離不安ですが、ムーア騎手の馬場読みは本当にうまいので、このメンバーなら届いてしまうような気がしなくもない。個人的には1800mベストだとおもうのでさすがに無理か?あまり購入額を大きくするつもりはなくて、それよりも少し広げて×:ビッシュ、イラプトまで入れてキタサンブラックだけを1列目に置いた三連複フォーメーションで勝負する予定です。

 ふつうに差し馬で決まってなーんにも当たらない可能性は否めないので馬連は少し買い目を工夫する予定です。

 最後に、ほかの会員の予想は以下の通り。

JC2016

フェイムゲーム、ゴールドアクター、シュヴァルグランに印を回さなかったのはそれぞれ4人だけ。アルゼンチンの力を評価していただけたようですね。それはともかく、キタサン本命なのホントにぼくだけなの?…
 

2016/11/26 予想 C0 T0  

第154回天皇賞(秋) 予想

宝塚記念以来のブログになります。会長の真鍋(3回)です。

最近GIでの成績が好調なので今週も読んでくださる皆様のために当てたいと思います!こういうことを書くと当たらなくなるんですけどね。

個人的な話を書こうとしたんですが、やめました。

さっそく、予想に入りたいと思います。

本命、対抗というかあんまし買いたくないな~という人気馬が3頭いるのでそれについて書こうと思います。

1頭目 エイシンヒカリ

まあ、去年沈んでますしね。去年はあれでも前半3Fは遅かったですし、1年ぶりの日本のレースということで対応できるのかなーというのがメインですね。ただこれぐらいしか強く言える理由も思いつかないですし、GI最内枠の武豊はかなり成績いい、単純に強い、社台SS入りの決まっているエイシンヒカリに社台ロゴタイプが去年みたいにプレッシャーかけにいくのか?みたいな話もありで最終的にはイヤイヤ買ってそうですが... もし、エイシンヒカリ買わんといてくれ!と思う方は連絡ください。喜びます。

2頭目 ルージュバック

中2週なのに短期放牧されたみたいですね。大竹調教師かわいそう。ペースとかBコース替わりとかこの馬にとって毎日王冠より厳しい条件設定になりそうで、それに加えて短期放牧を強行しているところから。
調教見る限りでは大丈夫と言われてるのは気がかりですが、大丈夫でしょう。買ってないと思います。

3頭目 ラブリーデイ

なんで大外いったんですか。大外じゃなくても切ったのに... 前走の京都大賞典見て去年より強くないなと単純に感じました。「もうちょっと詰めててもよかったんじゃない?3着止まりなんだ~」って。去年も天皇賞の中ではかなり落ち着いた流れでしたし、2,3,4着馬と違ってかなり上手く内で立ち回って勝った部分も大きかったので、去年より格落ちしたイメージがある今年は買わんでいいなとなりました。買いません。

これら3頭上位人気を消したので、逆に他の上位人気を心おきなく買うことができるようになりました!

◎アンビシャス
○モーリス
▲ステファノス


決して、寝ている時に「スで終わる馬だけを買いなさい」という神のお告げを聞いたからじゃありませんよ

以上です!メンバーもいいですし、実力馬の順位付け、重視や切りで膨らむ馬券をスリムにして高額的中を目指しましょう!

天秋2016

実力馬の順位付け、切りにそれぞれの考えがよく出ている印になっていますね!では。
 

2016/10/30 予想 C0 T0