京都大学競馬研究会 kyoto-univ keiba institute

第59回宝塚記念

こんにちは, ワールドカップが面白くてあらゆることの進捗が得られなくなっているM1池田です。

きょうは春の総決算・宝塚記念 the grand prix. ということで, ドイツ-スウェーデンをみたらそのまま始発で仁川に向かいますが, 毎度のことながら難解なG1だ…
ちなみに今春のG1,大阪杯しか当たっていません。エタリオウつらかった…

◎ サトノクラウン
馬場重いし…という安直な考え。良馬場で高速ならストロングタイタン本命まであるなあとか考えていましたが, さすがにうなるとどうやっても本命は無理。というわけで昨年の覇者でもあるサトノクラウンに◎。少なくともここ3走よりは条件は良いでしょう。2週連続で3頭併せで追い切る調教パターンはあまり記憶にありませんが, 果たして。

○ ヴィブロス
思ってたほど人気してなくてちょっとうれしい。負けるときも強いのがはっきり伝わる負け方をしますよね。阪神でこれくらいの距離というのはわりと見てみたかった条件。仕上がっていれば軸でいいかなあと。

▲ ワーザー
遠征が確定した時点で梅雨時なら香港感出るんじゃないか?平坦になれ!とかくだらないことを考えていました。
個人的には買いたい馬が少ないのもあってそこそこ重い印。

△ ステファノス
いつも買いたくなっていしまいますねえ…尋常じゃなく成績の良い叩き二戦目でどうか。正直厳しそうではある。

△ サトノダイヤモンド
ふつうに勝ってもあんまり文句はない。いい馬の非戸崎替わりは僕がいつも買ってるやつ。4.7倍ならもっと重い印打てたなあと反省してそうな予想になりつつあって…
遠征は完全に別の競技をやってついていけなかっただけなので気にしなくて良いでしょう。調教もけっこういい感じ。

△ ダンビュライト
大阪杯6着はまあまあびっくり。ちゃんと勝負になるのか…香港遠征こそはさんでいるものの, 阪神2000から2200への延長もなんかよさそう(ポジってるけど買いたい馬がいないだけ)。


とまあかなりざっくりとしたものになってしまいましたが, ここまでが私の予想になります。買い目はヴィブロスとサトノダイヤモンドの 2頭軸とかに落ち着いてると思います。

最後にメンバーの予想。

宝塚59

表の右に書いてある数字は本命にしたメンバーの数。バラバラですねえ…どういう切り口からでも買えるし, そういう意味では面白いgrand prixになるかもしれませんね。ちなみにこのレース, ゴールドシップの1勝目から5回連続で8枠の馬が優勝していたりします。なにかあるのかもしれませんね。
スポンサーサイト

 

2018/06/24 予想 C0 T0