京都大学競馬研究会 kyoto-univ keiba institute

桜花賞

こんにちは。二回生の今村です。

明日は今年最初のクラッシックレース。三歳牝馬の女王を決める桜花賞です。
今年の牝馬は好メンバーが揃い、ハイレベルな戦いが期待できそうです。
一方、牡馬は低レベル。牝馬ファンディーナの皐月賞への挑戦は期待大です。

それでは、桜花賞の予想に入ります。

◎アエロリット
桜の女王筆頭はこの馬と予想。弱点は抜け出すとソラを使ってしまうところ。三戦続けて二着に終わり、勝ちを取りこぼしているのは、それが原因。前走は早めに抜け出し、ソラを使ったところをアドマイヤミヤビに目標にされ二着に。それでも差はたった半馬身で、乗り方次第では逆転の可能性も感じられた。これまで、先行する馬は必ず交わしており、相手が強くなればなるほどパフォーマンスを上げるタイプ。明日もパフォーマンスのキャリアハイの更新が期待できる。名手横山典も何かしらの策を練ってくるはず。人気薄なのも魅力で◎。

○ソウルスターリング
4戦4勝の負けなし。レースセンスの良さが売り。好位で流れに乗ることができるので馬券圏内に来る確率は一番高そう。少しテンションの高いところはあるが、関西への輸送を二度経験しているのは強み。

▲アドマイヤミヤビ
能力はこのメンバーでもトップクラスだが、本質的にはもう少し長い距離の方が良さそう。反応が良いタイプではないので、ペースが落ち着いた時に不安は残る。ソウルスターリングより不安材料は多い。

△ミスパンテール
デビュー二戦目で桜花賞の出走権を取ってしまうあたりにこの馬のポテンシャルの高さを感じる。まだ三戦目で、上積みの大きさ次第では馬券圏内も期待できる。

△リスグラシュー
阪神JFでは出遅れて大外を回りながらも二着と、ソウルスターリングと遜色のない走り。ただ、叩き台であったとはいえチューリップ賞の内容に不安が残る。早熟タイプの可能性もあり、半信半疑のため△。

△カラクレナイ
前走の内容では物足りないが、まだ上積みがありそうなので一応の△。

最後に他のメンバーの予想を見てみましょう。

桜花2017

桜花賞では新歓の観戦会を行います。観戦会終了後は歓迎会も行います。どちらかだけの参加もOKです。競馬に興味のある方は気軽に参加してください。



 

2017/04/08 予想 C0 T0