京都大学競馬研究会 kyoto-univ keiba institute

第85回日本ダービー

どうも、先輩に借りたお金を返すべきかどうかで悩んでる4回の中島です!さて、明日は競馬ファンにとって年に1度のお祭り、ダービーとあって僕のささいな悩みなんてふっとんじゃいそう。テンションが高くなっても予想はクールに、ということで予想いきますよ。

◎ブラストワンピース
ダービーはお祭りであり、僕の地元神戸で5月に行われるお祭りといえば「だんじり」というわけでダンジリの孫のこの馬を本命に!(大嘘
前々走のゆりかもめ賞は内から一頭違う競馬で圧巻。前走の毎日杯は好意につけて内から抜け出して早め先頭からギベオンを寄せつけずに楽勝とソツのない競馬を見せてくれた。ハービンジャーなのにキレるし器用だなという印象で今回もらった内目の枠を生かせそう。完全別路線なので力関係はわかりにくいが走りの内容からは十分やれる。不安は体重がプラス19らしいことだが、天栄がダービー目標ローテのこの馬の調整をミスるとは考えにくいし、前走は輸送減りらしいので成長分と考えたい。調教師にはこの際目をつぶろう。

◯ゴーフォザサミット
前走の青葉賞は好位で競馬ができていて、抜け出してから最後まで止まることなく伸びきっていた。去年のアドミラブルと比べると見劣りするがそれを除けば近年の青葉賞の中では時計的にも内容的にもハイレベルにある。共同通信杯、スプリングとゆるゆるでようやく青葉賞で仕上がってきたなという雰囲気だった。それを考えると間隔詰まってはいるもののまだ上積みがあっても驚けない。東京2400の適性はメンバー中トップだと思うし、1発はある。

▲ダノンプレミアム
この馬の強さについては改めて述べるまでもないだろう。ただダービーが内枠有利とは言え、先行各馬が外枠に集まる中で最内は少し動きにくいポジションになりそう。また時計の出し方が完全に急仕上げでまだ本当に仕上がってはない。間隔があいての延長で引っかかる可能性もありと不安要素はけっこうあるのに断然の1番人気だろうし積極的には買いたくない。とはいえこれ以上印を下げられないのでここで。

△エポカドーロ
この馬の強さは皐月賞のブログで詳しく書いたがギアチェンジの上手さと操縦性の高さ。皐月賞はそういった良さが出てハマった印象だ。ただ勘違いしてはならないのが、皐月賞で1番強い競馬をしたのはエポカドーロだということ。後ろは差せない展開だったと言う人もいるが、後続勢はみなエポカドーロと同じぐらいの脚しか使えていなかったからね。もっとも、ここ3戦ほどの高いパフォーマンスは力のいる馬場での小回りのものであるから、戸崎が溜めすぎて高速馬場でキレ負けする未来が想像できてしまう。実際、新馬戦がそういう負けた方のように見えるし、成長して馬が変わってるとは思うけれど少し評価を下げた。

まあお祭りなんでみんな好きな馬買ってください笑

(ここから池田)
最後に他のメンバーの印を見てみましょう!

東京優駿85

ダノンプレミアムとブラストワンピースはほぼ全員が高評価。穴目だと7枠にメンバーの印が集まっております。
人気サイドではワグネリアンの評価が全体的に低い様子。1=6=8とかだとみんな当たってそうですね。当てて年2回しかない一大イベント・東京芝2500mで開催されるGⅡハンデ競争「第132回(ダービーより多い!)目黒記念」につなげていきたいですね。ちなみに僕の本命はパフォーマプロミス、次点でゼーヴィントとチェスナットコートという普通な予想なので, 普通に当たってほしいです。
 

2018/05/26 未分類 C0 T0